Home > スポンサー広告 > Reのカーディガンを2つ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://unitkyoto.blog84.fc2.com/tb.php/939-fbae4000
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from UNIT

Home > スポンサー広告 > Reのカーディガンを2つ。

Home > Re made in tokyo japan > Reのカーディガンを2つ。

Reのカーディガンを2つ。

こんばんは。

先日、レンタルDVD屋さんに行きまして。行くウチの半分くらいは「こういうのが借りたいなあ~。」とかを薄っすら考えて行くのですが、半分くらいは行ってから何を借りるか迷います。こないだもその後者のほうで、、、ふわ~っと漂ってなんとなく2本選び家に帰ってそのうちの1本「なくもんか」を見まして、職業柄ってのもあってかエンドロールの衣装提供を凝視してしまうんですよね、、、、そしたら昔お世話になったメーカーさんも多く並んでて、へ~そっか~なんてのん気に見てると、、、その中にRe made in tokyo japanって。

そういえば、、、H氏、言ってたな、、、、と1年以上経ってから思い出す有様。

というコトです、「なくもんか」を借りる時はエンドロールを是非ご覧下さい(笑)

その他のUNIT取り扱いのブランドさん、ファッション誌・情報誌・自転車雑誌等にかなり掲載されてるのですが、、、、ボクが殆ど気にしてませんので、逆にお客様に教えて頂く事が多い。各社ちゃんとリリース情報を連絡してくれてるにも関わらず、、、ホント申し訳無い(笑)

まあね、UNITはセレクトショップなのでウチのフィルター経由で商品をご紹介しようと思ってますので、ソコを見ないようにしてるっていうのもある意味本音なのですが・・・・そういう情報は皆さんにお任せして頼りきっているとも言えます(笑)


すみませんね。


と反省してないのが丸出しなので、とっとといきます。本日はそのReさんからカーディガンを2つご紹介。


カーディガンはいろんな季節において万能であります。今時分の肌寒さのもう1枚・夏に向かう時の羽織物・秋に向かう時の羽織物・冬のJKTインナー。中に着るモノもシャツ・カットソー・タンクトップと色々イケますしね。そして本日の2つはカーディガン特有のエレガントさを生地感に残しつつ少し男っぽさを足したデザイン。






DSCN0027_20120405185140.jpg DSCN0028_20120405185139.jpg

です。左はプレーンの型にフラップポケットを追加、右は継続してやってますミリタリーテイスト。


この2つ、同素材の型違い??





DSCN0088_20120405185139.jpg

いやいや、左はコットン6:モダール4で右がモダール7:キュプラ3なんです。編みたても右のリファインニットの方が糸が太め。

モダールってのはレーヨンと混同されがちなのですが、レーヨンとは違い天然繊維です。竹やパルプから作る繊維で、シルクのような光沢感と質感を出すのに丁度良い素材なんです。キュプラは馴染みある名前ですよね、内容自体はセルロースといわれる再生繊維、逆にこっちはレーヨンの仲間。そして綿はご存知の通り。


って、めんどくさい話はこれ以上無駄なので(笑)

・右は天然素材の良さを残しつつ光沢感を出し、細番手で編み立てて高級感を。

・左は光沢感をしっかりさせ少し太番手で編み立てた、質感のある新素材。


そんな感じでしょうか。




DSCN0089_20120405185139.jpg

貝ボタンとシンプルで適度なボリューム感のあるポケットで、




DSCN0092_20120405185138.jpg

ネコ目ボタンとラウンドカットに添わせたポケットを革のハバキを付けたリベットで、

それぞれの素材とデザインをマッチングさせてます。




DSCN0140_20120405185137.jpg

こんな感じと、





DSCN0142_20120405185151.jpg

こんな感じ。

微妙な違いが大きな違い。本日はブーツですが、、、上をスニーカーで合わせるとすると、ジーパンや軽い素材のパンツで少し優等生な感じに出来ますし、下だったらチノやカーゴで少し土臭く、でも光沢感があるので大人な仕上がりに。


というところでしょうか。

どちらにしても2つ共に言えることですが、オーソドックス過ぎるカーディガンよりも少しギミック感がありますので、「カーディガン?それ女の着るモンやろ?」とホントは着たいのに強がってる男の子なハートの人にとっても抵抗無く着ることが出来るんじゃないかと(笑)


黙って着てみましょう、幸せが待ってますよ。




DSCN0138.jpg

Re made in tokyo japan Dress Knit Cardigan ¥12,390-



DSCN0137_20120405190215.jpg

Re made in tokyo japan Refined Knit R Cut Cardigan ¥14,490-

お問合せはunit.kyoto@gmail.comまで。
関連記事
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://unitkyoto.blog84.fc2.com/tb.php/939-fbae4000
Listed below are links to weblogs that reference
Reのカーディガンを2つ。 from UNIT

Home > Re made in tokyo japan > Reのカーディガンを2つ。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。