Home > スポンサー広告 > 続・夏のみゅーじっく。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://unitkyoto.blog84.fc2.com/tb.php/758-364e7423
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from UNIT

Home > スポンサー広告 > 続・夏のみゅーじっく。

Home > 未分類 > 続・夏のみゅーじっく。

続・夏のみゅーじっく。

こんばんは。

一部の、ごく限られた一部の人に好評を博しておりますので、本日もなんかそんな感じで(笑)

夏の音楽と言えばの続き。

昨日のはなんだかひねくれたましたが、本日は直球です。やっぱね、BEACH BOYSですよね。この人達には誰も敵わないでしょう。中学生の一時期、ビーチボーイズやママス&パパス・コニーフランシス、チャックベリーやコクラン兄弟、何故かバート・バカラックも、、、(笑)そういうのを聴いてました。

そして夏はやっぱりビーチボーイズ、そのまんまですもんね。サーフィンU.S.Aもココモもサーファーガールもイイのですが、、、、ボクはCARIFOLNIA GIRLSが一番好きです。余談ですが、これとイーグルスのNew Kid In Townは定期的に聴きたくなる。

まあビーチボーイズなんて今更ゴチャゴチャ言っても・・・って話です。

ボクの好きなバンドの中で話を広げていくと・・・・、

2003年デビューのRooney、彼らセレブなんでボンボンのお遊び的に揶揄されることもしばしばでしたが・・・まあ、あの技術でアンガスと同じギター?、、、なんて思っちゃいますが(笑)。が、結構好いんです、オレンジカウンティの若者として正面から勝負してるような。子供の頃から耳に馴染んだウェストコーストロックとウィーザーやファウンテンズ・オブ・ウェインなんかのパワーポップの影響を丸出しにして曲作ったら・・・イイかも、というようなね。

Bluesideなんかサビは完全にビーチボーイズだし、I'm Shakin'だったらBuddy Hollyとミックスしたら中々まとまり出ると思います(笑)

目立たない曲ですが、If It Were Up to Meなんて消化出来ててイイ線いってると思います。

そしてもうちょっと時代を戻しましてオマケ的な話・・・そうですね、、ペイズリーアンダーグラウンド辺り。直後にベルベットクラッシュやポージーズ・ブーラドリーズなんかのギターポップがドカンと流行ってしまったので目立たなかったのですが、、レインパレードとかレッドシンジケートとか、まあ誰も知らない(笑)。その中心バンドの1つであるスリーオクロック、、、の話ではなく、そこに加入した某人物が元々居たJellyfishというバンド。彼らもビーチボーイズの影響を受けたとされてますね。多分リンク貼っても面白くないと思うのですが、、、、New Misstakeこんな感じ。ここまでくると影響と言われてもね(笑)

しかしこのバンド、中々ほっとけないんですヨ。意外に身近かも。中心人物はアンディ・スターマーとロジャー・ジョセフ・マニングJr、この人達の仕事は結構目に耳にしてるハズなんです。先ず太鼓叩きながら唄ってたアンディさん、彼はYUKIやパフィーに曲書いてるんですよね。んでロジャーさん、彼はパフィーの名付け親で奥田民生と色々やってたりします。ロジャーさんはソフィア・コッポラの映画音楽をやってたりも。因みに「アイ・アム・サム」って映画の主題歌のtwo of usを唄ってるAimee Mannはロジャーの奥さんです。

そしてこのクダリの最初に言ってた某人物、、、半分裸の王様の中にチラッと映ってるのですが、、彼がボクのこの世で最も好きなミュージシャン。彼については余り話したくありません(笑)、なので少しだけ。彼、業界ではかなり引っ張りだこのマルチプレーヤーなんです。上の話で絡めると、、、、ソフィア・コッポラの映画だと・・・ロジャーさんが音楽担当したのがロスト・イン・トランスレーション、これお手伝い。んでソフィアのデビュー作のヴァージン・スーサイズ、これはフランスのバンドAIRが担当なのですが、ここにも。彼のこの仕事はボクにとってエポックメイキングなのですが、それも話しません(笑)、んでさっきのエイミーのアルバムにも参加してます。ポール・マッカトニーやリサ・ロブ、ソウルワックス、スザンヌ・ホフス、ルーファス・ウェインライト、ボクの大好きなブレンダンベンソン、その他枚挙に暇がないという感じなんですが、、、、彼がジェリーフィッシュにいたニュアンスを中々シャレの効いたカタチで表現してる仕事が1つありました。

TRAVIS、イギリスの代表的なバンドですね、ボクもアルバム全部持ってます。彼らの2枚目辺りで助っ人をしてます、キーボードでツアー回ったり、、、、TRAVISの代表曲のSING、コレのシングルのカップリングにQueenのKiller Queenのカバーを演奏してまして、、、コレのアレンジが、、完全にジェリーフィッシュの味付けなんです。一応動画あったんですが、コレはライブ用なんでね、、、レコードのテイクを聴くと、分かる人ならニヤけてしまう位。トラヴィスがクイーンの曲をジェリーフィッシュ風に、、、、ムフフなんです(笑)


そういえば京都はもうすぐ音博ですね、、、これとも深い関係があったり・・・・。


だんだん気持ち悪い方向になってきました・・・・・。


今日はこの辺りで。
関連記事
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://unitkyoto.blog84.fc2.com/tb.php/758-364e7423
Listed below are links to weblogs that reference
続・夏のみゅーじっく。 from UNIT

Home > 未分類 > 続・夏のみゅーじっく。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。