Home > スポンサー広告 > ということで行ってきました、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://unitkyoto.blog84.fc2.com/tb.php/551-707106e7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from UNIT

Home > スポンサー広告 > ということで行ってきました、

Home > 未分類 > ということで行ってきました、

ということで行ってきました、

人体の不思議展最終。

ボク、展覧会も仕事の展示会も頭真っ白で行きます。いつもそう、「こんな感じかな~。」とかって予想した事が無い、モチロン今回もそうでした。

んでチケットを買って、中に入り、半分まで見て頭に浮かんだのは、、、、、


「な~んや。」


でした。実際の中身を見たところで、皮の上から感じてた事・授業や本で見聞きしたことが形而上で浮かんで見えただけ、それだけのことでした。もうひとつ言えば、、、人間も動物、牛・鶏と基本構造は変わらないので新たな発見は無い。

そして半分過ぎた辺りから早く帰りたくなりました。

展示されている人と見物に来てる人を眺めてると、その関係性のたった紙一重の違いになんだか釈然としない気持ちになりました。

倫理的に・・・・なんてことは言う気もないです、もちろんボクも見物客の一人です。倫理感なんて単なる多数決でしかないと思いますし。

日頃「人との関係性」とか何とか言ってる生きてる人間(生き物)が、他の生き物(名前・その人生・関りの無い人)が剥がされ樹脂で固められモノに形容が変われば、淡々と興味本位で見る事が出来る訳です。戦争・犯罪・事故・病気、色んな要素で人は死にますが、それに関わる環境には必ず是非が伴います。その是非が唯一の頼みの綱、その価値観がいかに危ういモノかを考えてしまいました。且つ人の命の価値は倫理観で決まる、その倫理観なんて天秤の左右の軽重でしかないわけですね。

関係性の存在だけが、他者とを繋ぐ危うく簡単に断ち切られる程のかすかなそれが、唯一の倫理基準なんだなあと思いました。





写真

「人の命が尊い」とも思いません、1つの命は1つの命でしかありません。



1つだけ思った事があります。

人の人たる理由は脳の肥大とそれを伝達する神経かなあと、コレだけが人と他の哺乳類との差なんだろうなと。

それが今回ボクに展示物が観念的なもの以外で感じさせてくれた事です。





ということで、、、人類に属するボクは傍らの人間から大切にするしか出来ない無力な生物なんですね。



出口付近では、数百円投入すれば肌年齢や骨密度がゲーム感覚で分かる機械の前に長蛇の列が出来てました。

そこから曲がって直ぐのところでは、心臓の模型がぶら下がった携帯ストラップ・骨のプリントが施されたマグカップ・同様のデザインのジャンプ傘が、会場限定で発売されてました。


なんふと、10年程前のダミアン・ハーストの牛の輪切りを思い出しました。
関連記事
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://unitkyoto.blog84.fc2.com/tb.php/551-707106e7
Listed below are links to weblogs that reference
ということで行ってきました、 from UNIT

Home > 未分類 > ということで行ってきました、

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。