Home > スポンサー広告 > 味わいのカーゴパンツ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 味わいのカーゴパンツ。

Home > ARAN > 味わいのカーゴパンツ。

味わいのカーゴパンツ。

こんばんは。

前回に引き続き、今回もARANさんのパンツのご紹介。

一見何てことのないパンツに見えるのですが、、これがまた本当にツボをドンとついてくるパンツなのです。





DSC_1858_201412261745573af.jpg

今回は硫化染バックサテン、コシと柔らかさが合わさって粘りのある素材。パンツに使用する素材としては安心できる生地ですね、通年はけますしね。

そのバックサテンに合うデザインといえば、、





DSC_1827_2014122617450141b.jpg DSC_1830_20141226174501800.jpg

カーゴパンツ。

そういえばUNITの定番で常備しているPt.Alfredのカーゴもバックサテン、カーゴとバックサテンの相性の良さはやはり王道。同じ組み合わせでもそれぞれで全く違うモノになりますね。

シルエットはゆったり、股上も深め。極太に見えますが、、実は9分丈ですので程よく太い感じ。





DSC_1832_20141226174501fe5.jpg

DSC_1837_201412261745361c7.jpg

前後でこんな感じです、すっきり無駄のない腰回り。股には内側から生地をあててます、丁寧な仕事。





DSC_1833_20141226174500d73.jpg

膝はダブルニーではなく切り返し、視覚的効果と動きやすさを。





DSC_1835.jpg

裾はドローコード付き、ギミック感も出るし表情も変えられるし、です。


そしてカーゴパンツですから、





DSC_1838_2014122617453622e.jpg

カーゴポケットに注目。

マチと全体サイズのボリューム感がちょうど良いパランス。そしてこのポケットがとても丁寧にデザインされてます。



DSC_1849_20141226174534659.jpg

折り返しの口ですので確実に収納出来ます。




DSC_1850_201412261745345cf.jpg

それを固定するのは上のフラップではなく内蓋。






DSC_1852_20141226174558666.jpg

外にボタンを見せずにすっきりさせつつ開閉のしやすさも損なわない、丁寧なギミックです。





DSC_1846_201412261745351be.jpg

そしてココ、脇を縫い込まずにカンドメで固定、隙間があるので逆に折り返し部分がゴツゴツしないのです。




DSC_1848.jpg

麻のオックスフォードテープでボタン裏を補強、手抜かり無しです。

ね?何気ないのですがシッカリ作り込まれてるでしょ?




DSC_1823_201412261745025f4.jpg

そういう空気感がはいた時にも伝わるような。

何気ないゆったりめのカーゴなのですが、なんだか雰囲気がある。全体的なバランスの良さ、それのなせる技。

もう1つ、画像では伝わらないのですが、はき心地が非常に楽です。最初に言いました「生地の粘り感」ストレッチのようなダラリとしない程よい伸縮性、これにシルエットの太さと股上の深さが相まって「安心感があって楽々」という感じのはき心地になってます、本当に良いですよ。この時期はスパッツ履く人も多いと思いますが、このパンツはもってこいです。



・下半身の表情が出しやすいシルエット

・普遍的なデザイン

・ディティールもしっかり




これ、クセになると思いますよ。






DSC_1859.jpg

ARAN F.CARGO  ¥18,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

12月のお休み
毎週水曜日、30日(火)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

関連記事
スポンサーサイト

Home > ARAN > 味わいのカーゴパンツ。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。