Home > スポンサー広告 > 年間の半分使えるリアルなフィールドJKT。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 年間の半分使えるリアルなフィールドJKT。

Home > ARAN > 年間の半分使えるリアルなフィールドJKT。

年間の半分使えるリアルなフィールドJKT。

こんばんは。

本日のアイテムももちろん秀逸。

ARANさんの先日ご紹介しました大人のモッズコート、あれの兄弟分のようなJKTを本日はオススメしてみようかと思います。んでもって本日のJKTは若干エコヒイキです、理由は後ほど・・。

兄弟分であるという理由はコレ、




DSC_1705_201411241933171da.jpg

素材は60/40のグログラン、本当に万能型素材です、トラッドな洋服とも相性の良いスポーティな存在。

それをですね、




DSC_1701_20141124193318a12.jpg DSC_1702_201411241933172ed.jpg

こんな感じのフィールドJKT的なデザインに落とし込んでるのです。


これが本当に良い。




DSC_1718_201411241934238ff.jpg

肩の動き、中に着るボリュームも多種受け入れやすい筒のややゆとりのあるラグラン、



DSC_1716.jpg

もちろんのダブルジップ、




DSC_1719.jpg

調整幅の広いカフスストラップ、




DSC_1713.jpg

すべりのいい裏地。


そして秀逸というポイントを2つ。


まずポケット




DSC_1717_2014112419342364e.jpg

フラップの内側を上に持ち出したモノの落ちにくい仕様、ミリタリーやアウトドアではベーシックなディティールです。ってこれだけではなく、、、




DSC_1711_201411241933167cb.jpg

ハンドウォーマーが横にあるのも最早当然なのですが・・もう1つ上にポケットが、合計3つ。3つあるから小分けに良いということではなく、画像のように外した手袋を落としにくい。落としにくいしスマート。

モノ入れて 手袋外してそれ入れて そのままふんわり手も入れて良し

と七五調でまとまるくらい機能的でスマート。


もう1つの秀逸ポイントは



DSC_1715_201411241934241b8.jpg

襟、ご想像通りフード内臓型。

そのタイプを思い浮かべると、、スタンドネックがあってその付け根あたりにグルッとフードが付けられてる・・という感じですよね?

これはそうならないんです、襟とフードが一体型のいわゆるパーカの形になるんです。画像見て頂くのが早いとおもいますので4枚どうぞ↓




DSC_1721_20141124193422d73.jpg

DSC_1722_20141124193552aeb.jpg

DSC_1723_20141124193551f07.jpg

DSC_1724_201411241935517b4.jpg

こういうことです。

これだと中にスウェットパーカを着やすい。前出のスタンドカラー+フードだとフードとフードでスタンドネックをサンドウィッチにする状態で・・正直かっこ悪い。でもこのパーカにトランスフォームするJKTだとパーカとパーカの重ね着が出来ます。ですので、スタンドカラーブルゾンの男っぽい着こなし〜マウンテンパーカ的スポーティなスタイルまで・・着こなしの幅がかなり広い。

且つオシリあたりの着丈でコットンナイロンのJKTですから、Tシャツの上に着るくらいの秋口〜ローゲージニットの上にも着られる冬にバリバリ働いてくれるワケですし・そのまま春先に来ても重くない。ということでタイトル通り年間半分しっかり使えます。

そしてエコヒイキの理由なのですが、、




DSC_1751_201411241935500b6.jpg

グリーン、これはUNITだけの展開色。

このデザイン見た時にふと思ったのが「どんなパンツにも合わせやすい←うちのパンツはネイビーが多い→ということはミンナもネイビーが多くなってる。」という流れ、これに華やかさとシックさがある合わせてカッコイイ色は?という自問自答でグリーン以外を想像できなかった。

まあ、、、、雰囲気です。この間5秒くらいですから(笑)


というのがエコヒイキ理由、なので着用写真もグリーンのみ(笑)




DSC_1707_20141124193317c33.jpg

ね?



DSC_1737.jpg

ベージュのパンツも。フード出してスポーティモードですが足元はシングルソールのシックなブーツ、こういうのも普通に。

1つ言ってませんでした、、、シルエットなのですが、細くないんです、ココ大切。かといって太い訳では無く程よく余裕アリという感じ。細いのはどうしても子供っぽいし着まわし(中に着る分量)も限られる、この程良い余裕のシルエットは変わらず長く付き合える大人の選択肢なのです。


ボク、納品当日からき着て帰ってますが・・そりゃあ良い。

UNITのみなさんが気に入らないワケがない。


そんなJKTです、多分着た方がイイと思います。




DSC_1754.jpg

ARAN TSURING JKT  ¥32,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日、29(土)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

関連記事
スポンサーサイト

Home > ARAN > 年間の半分使えるリアルなフィールドJKT。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。