Home > スポンサー広告 > 男+秋=ツードJKT。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 男+秋=ツードJKT。

Home > Bibury Court > 男+秋=ツードJKT。

男+秋=ツードJKT。

こんばんは。

本日のJKT、良いですよ。Bibury CourtさんのJKTなのですが、ブランド名の由来通りの英国イズム。イギリス紳士の日常着を日本人の解釈で組み立てた、、そんな感じ。

では先ず商品画像をドウゾ。






DSC_1552.jpg DSC_1551_20141006173752402.jpg

トラッドでスポーティ。





DSC_1564.jpg

ツイードと裏地のリバティが良い関係性。





DSC_1570.jpg

英国ムーン社のツイード、ホームスパン的な風合いが実に良い。




DSC_1557.jpg

タブカラーがいかにもツイードJKTらしいです。






DSC_1555_201410061737518f5.jpg

チェンジポケットの付いたスラント仕様、緩めのスラントなのでギンギンにシェイプ感を出してるというワケでは無く、程よくスッキリ見えるくらいの余裕さ。





DSC_1568.jpg

本切羽のカフス、折角なので





DSC_1567.jpg

袖のニュアンスも楽しみましょう。

ね、この辺りのトラッドなディティールが好印象でしょ?





DSC_1571.jpg

そしてサイドベンツでスポーティに、しつけ糸付いたままでスミマセン。


あ、1つ忘れてました。




DSC_1559_201410061737509da.jpg

胸ポケットの袋を引っ張り出すとチーフ代わりに、リバティの生地を裏に持ってくるとこういう利点も。


着てみました、





DSC_1594.jpg

バッチリ男のJKTです。




DSC_1586_20141006173846c7b.jpg

ブラウンも。

どちらの色もトーンオントーンにしてみました、基本通り。同系色でまとめるのが男らしい遊びだと思っちゃいます、モチロンもっと多くの色で着るのも良いのですが、その前にワントーンでJKTを着られることが重要だと、、、、エラそうに言ってますがそう思います(笑)




うん。


男は、、、やっぱJKTですね。







DSC_1577.jpg

Bibury Court MOON ENGLAND SINGLE SIDE VENTS JK  ¥44,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

WEB STOREはコチラからお入りくださいませ。

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」12号出口より徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」2号出口より徒歩5分

10月のお休み
毎週水曜日、16日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

Home > Bibury Court > 男+秋=ツードJKT。

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。