Home > 2013年11月

2013年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

JIGSAW、コレ・・本当に使える。

こんばんは。

冬の主役はアウターだったりブーツだったりするのですが、、、そっちに気を取られてるうちに「あれ、足りない。」なんてコトになるのが、、その下にくるインナー。インナー?、、、なんて言ったら良いのでしょうね。アウトドアな用語というか英語圏だとミッドレイヤー、、中間着、、まあそんなところ(笑)


本日はそんな立ち位置にバッチリなJIGSAWの良いのをご紹介です。




DSC_1813.jpg

コットン62%ウール38%の混率のジャージ素材、温かく・軽く・強く・・・ということは、扱い易い。



DSC_1814.jpg

裏は起毛ですので肌触り・保温性に優れております。

ということで、、、最初の写真で「あ、パーカね。」と予想した方、50点。




DSC_1809.jpg DSC_1808.jpg

フーデッドシャツです。

コレは良いでしょ??多分・・・早いもの勝ちになりそう。




DSC_1810.jpg

フラップポケットとフードで程よいボリューム感、




DSC_1812.jpg

シャツとしての表情はとてもベーシック。





DSC_1815.jpg

サラッとした印象だけどしっかり着られる、ラフだけどユルく無い。

絶妙です。





DSC_1816.jpg

フード有りなアウターや、



DSC_1819.jpg

こんなメルトンコートにも。

マウンテンパーカや薄手のダウンJKTとの相性が抜群なのは言うまでもなく、ですね。



温かく・手入れも楽・パーカのカジュアルさ・シャツのキッチリ感・汎用性の高さ、、、、、

これはホント絶妙です。

コレは本当にお早めにかもですよ。




DSC_1826.jpg

JIGSAW COTTON WOOL JERSEY HOODED SHIRT ¥16,590-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」12号出口より徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」2号出口より徒歩5分

12月のお休み
毎週水曜日、19日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

BEAVER OF BOLTONから大人の為のフーデッドジャケット。

こんばんは。



写真

紅葉も終わり頃、、というか、昨今は紅葉の時期と真冬の到来が同時な気がしなくもないですよね。

「おいおい、なんでいきなり昼から寒くなるかね・・・帰り風邪引くやんか〜。」

ここ数日でそう感じた方も多いのではと。



そんな冬の到来ですからね、北風ピューピューから身を守りつつ、、

「カッコイイ〜、オレ。」

と思って頂けるジャケットを本日ご紹介(笑)



DSC_1786.jpg

タイトル通りビーバーですが、、なんだか今迄と雰囲気が違う。



DSC_1792.jpg

今回のはキルティングではなくオイルドコットンです、サックス・レッド・ネイビーの3色なのですが、、、夜の室内で上手く撮れておりません、、、、コッチは大丈夫↓





DSC_1747.jpg DSC_1749.jpg

DSC_1748.jpg

ショート丈のオーセンティックなマウンテンパーカといった趣きです。




DSC_1772.jpg

格好良いです、ホントに。

そうそう、このオイルドコットンは



DSC_1771.jpg

英国MILLERAIN社の伝統的であり代名詞的な素材。




DSC_1780.jpg

DSC_1779.jpg

裏地のタータンとも相性抜群、さすが英国。


DSC_1774.jpg

程良い襟ぐりのフードに意匠として雰囲気満点なツールポケット、



DSC_1773.jpg

ドローコードでウエストの調整も可、



DSC_1775.jpg

ハンドウォーマーもモチロン。



DSC_1777.jpg

ケープドバック、これもモチロンと言ってもいいでしょうね。


色々細かいところの写真を載っけてますが、




DSC_1767.jpg

シンプルにカッコイイ、それに尽きますね。

このジャケット、冒頭でも言いましたがいわゆる「マウンテンパーカ」と言って良いものです。そしてマウンテンパーカって千差万別色んなデザイン、ハイテクなものから伝統的なデザインまで・・・。無論このジャケットは後者の部類に入るワケですが、単純な懐古主義ではなくシッカリと現在のニュアンスを盛り込んでいる。そういうバランス感覚に優れた1着ですので、是非是非大人の余裕で色んな着方で楽しんで頂ければと思います。

短靴&ウールパンツ〜ジーパン&スニーカーまで、、、まあ、UNITにお越しの皆さんならお分かりだと思います。

そういうことです。




DSC_1784.jpg

しかし今月はビーバー目白押しでしたね、キルティングでもオイルドコットンでもお好みでお選びくださいませ。

全て間違いないモノです。





DSC_1807.jpg

BEAVER OF BOLTON HILLWALKER JACKET ¥43,050-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

12月のお休み
毎週水曜日・19日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

BEAVERのキルティングの続き。

こんばんは。

そうなんです、ご紹介したつもりになってました、、、、(笑)

初めにご紹介しました、



DSC_1601.jpg


http://unitkyoto.blog84.fc2.com/blog-entry-1233.html

フード付きのショートコートタイプ、本格的に活躍する時期が到来しましたね。コレにマフラーで冬はOK。

そして本日は、、、




DSC_1762.jpg

同様にツイードのキルティングですが、ボタンが違いますね。



DSC_1758.jpg

コレです、襟の具合がオトコマエな、




DSC_1750.jpg

Pコートタイプ。

コレは黒のみ、黒が良いです、絶対。






DSC_1759.jpg

襟の角度が鋭角ですのでキルティングのモコモコしたニュアンスをカチッと締めてくれます、ポケット等はオーソドックスで安心のディティール。




DSC_1751.jpg

DSC_1753.jpg

こんな感じ、スッキリでしょ?あまりポッテリしませんので太いパンツとも相性がイイと思います。



しかし、、、いきなり冷え込みましたね・・・・皆様体調管理が更に大切な季節です。


ビーバーのアウターを新調して温かくしてくださいね(笑)




DSC_1755.jpg

BEAVER PF BOLTON DB Plymouth ¥35,700-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

12月のお休み
毎週水曜日・19日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

またこれが程よいサイズのパッカーズ。

こんばんは。




DSC_1722.jpg

今月もFREDRIK PACKERSが健やかに補充されておりますれば、なにとぞよしなに。


んでですね、新作。

今回のはまた何と言いますか、、、かゆいところにというか、かくまえに届いてしまってると言うか、、何と言いますか。




DSC_1723.jpg

コレです。

何だか見た事あるような、、、




DSC_1724.jpg

こういうコトですね。

右のがDIVISION PACKで、左の新しいのがDIVISION HIP PACKです。そういうコト、兄弟分。

アニキのDIVISION PACKは普通に普段使いするのに最小限で最大限の収容力という感じ。
弟のDIVISION HIP PACKは一回り小さくしてますが、逆にホールド力がバッチリ。



DSC_1745.jpg

斜め、



DSC_1746.jpg

腰。

そうですね、自転車乗ったり・走ったりというのに良さそうです。



DSC_1744.jpg

大きめのコイルのジッパーは開閉が軽いので、小型のカバンにはかえって相性良し。




DSC_1740.jpg

アジャストベルトもしっかり機能します。

最初に「一回り小さく」と言いましたがなんのその、




DSC_1735.jpg

こんな具合の中身、詳細は、、




DSC_1738.jpg

ハンドタオル・財布・新書(文庫でなく新書サイズってのがミソ)・携帯・鍵束・まあまあゴチャゴチャ入ったポーチ。

入るでしょ?財布・タオル・コンデジなんてパターンも楽々。

コレは一部の人向けの発言ですが、、、、パニア愛好者にはジャストサイズなのではないでしょうか(笑)




DSC_1729.jpg

色も色々、、、あ、グレーが欠けてます、悪しからず。

これ、ピンポイントで大活躍しそうです。たまに使うのに持ってて良かった〜っていう「状況」がピンポイントかも知れませんし・いつも使うサイズ感がぴったりな「人」が、少数派であっても必ずいる的なピンポイントだったり。


そのピンポイントが完璧なんです、コレ。






DSC_1734.jpg

FREDRIK PACKERS DIVISION HIP PACK ¥5,775-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」12号出口より徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」2号出口より徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

JIGSAW、冬の常識。

こんばんは。


写真

街は赤と黄色ですね。

何だか、、、ドカンと「どーも〜冬で〜す!」ってくる前の今頃のほうが骨にジワ〜っとくる寒さと言いますか・・・割り切れてない感じ。

というコトで、それ程モコモコじゃなくって保温性を必要とする12月手前〜モチロンど真ん中の冬〜春開始あたりまでの縁の下の力持ちな、UNITでホントに人気がロングランな、





DSC_1702.jpg

JIGSAWのキルティングUネックです。



DSC_1705.jpg

今年はネイビーグレー/チャコールの3色。




DSC_1710.jpg

インナーとしての立場が非常に明確。



DSC_1707.jpg

とは言えギミックもシッカリ、チラ見えした時に重要ですからね。




DSC_1721.jpg

こんな感じ。

・・・・・・・・・・・・・・。




DSC_1721 のコピー のコピー

ココ、



DSC_1721 のコピー

ココも。インナーの悲しい性です(笑)




DSC_1718.jpg

さっきより見えてます。




DSC_1720.jpg

もう一声。まあ、こんな感じでシャツを腕まくりした場合にもキルティングの雰囲気が良い塩梅。

いやほんと、、コイツはかなりの優秀君ですのでみんな大好きなんです。


ですのでね、毎年なのですが、、、、お早めに。




DSC_1717.jpg

JIGSAW QUILT JACQUARD L/S U-NECK ¥6,090-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」12号出口より徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」2号出口より徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

Pt.Alfredのカーゴパンツ。

こんばんは。

誰に言われたのかが思い出せないのですが、、、「普通の軍パン欲しいねんけど・・・。」と。

そういえば最近の店頭にカーゴパンツってキープして無かったような、、、。

ということで、そういう時は恵比寿のお師匠様にTEL。

ということで、もちろん在庫有りなワケです。

ということで、



DSC_1679.jpg

先週あたりからニットに挟まれてそっと佇んでます。




DSC_1681.jpg

オーソドックスです、何処からどう見ても完璧な軍パンが到着しております。




DSC_1683.jpg

DSC_1684.jpg

ね、何処からどう見ても完璧に軍パンのディティール。それ以上でも以下でもない100%な感じ、というのはホントに有り難い。


DSC_1686.jpg

素材もモチロン王道のバックサテンです。柔らかさと丈夫さと程よい肉厚、一言で表せば「粘り腰」なのがこの生地と言えるような、、ってことは軍パンには打ってつけ。

そして細かいところなのですが、ボクのお気に入りポイントが、




DSC_1687.jpg

カーゴポケット。

前側はカンドメで固定してしまって、後ろはボタンもなにも無し。これが最も使いやすいバランスです。フラップがパタパタしないし・スグ手が入るし・フラップが上を向かないからボタンが無くてもモノが落ちないし。機能的に問題無くスッキリさせてます。




DSC_1676.jpg

絶妙に使い回し易い太さでしょ??




DSC_1677.jpg

カーゴポケットのボリューム感も良いでしょ??


コレはホントにあると助かるハズ。

ジーパン・チノパン・軍パン、、男の普段着三種の神器です。

お早めに!!、、、ではなく、ちゃんとキープするつもりですので必要に合わせてどうぞ。店頭はM/L/XLをキープですが、S〜2XLまでラインナップですので両端サイズはご相談ください。


って、見ると欲しくなるかも、、、ど真ん中を行く商品って、欲しくなっちゃいますもんね。






DSC_1690.jpg

Pt.Alfred バックサテン3rdアーミーカーゴ   ¥15,540-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日・21日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

BLACK SHEEP CARDIGAN

こんばんは。

日に日に寒さが進行中。

昨夜我が家に帰る途中の坂の温度計が



写真

2℃でした、そろそろ0になり来月位は・・マイナスですなこりゃ。

寒いので温〜くしましょ。


ということで引き続き本日もインポートでニットでカーディガンであります。




DSC_1655.jpg

本日はBLACK SHEEPです。

創業は1960年代、昨日のJAMIESON'Sと同じ頃です、、何かあったのでしょうかね。

こちらはイギリスのNORFOLKの会社、フォークが無いのではなくて北フォーク地方です。

このブラックシープ社、当時絶滅寸前だったナントカって黒羊を増やしながら、その性能の高い羊毛を存続させたという本気っぷり。

すごい情熱ですね。

脱脂をほぼしてない状態のウールなので、保温性が高く水にも強い。

という、長い付き合いが約束されたニット。なので今回はもっとも飽きずに使えそうなカーディガンタイプをご紹介です。





DSC_1657.jpg DSC_1656.jpg

王道。




DSC_1664.jpg

王道ローゲージ。



DSC_1667.jpg

王道クルミ釦。

持っていて間違いが無い、、というか持っておくべきニットの代表格ですね。





DSC_1658.jpg

もちろんこんな感じ。

上の様にブーツでってのも良いのですが、、ゆるーい・・そうですね、太いはき古した色落ちデニムとか太い履き古したカーゴパンツとかで、何の事は無いシャツを着て、フツ〜の白いスニーカーで、「あ、普段着。寒いからね。」と友達が近くを通ったからちょっとお茶しに、、、見たいな感じが理想(笑)


とりあえず、、間違いないので是非持っておいてください。




DSC_1662.jpg

BLACK SHEEP CARDIGAN ¥35,700-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日・21日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

JAMIESON'S VEST&CARDIGAN

こんばんは。

本日もインポートのご紹介です、今回はニット。

ニットと言えば個人的にスパッと脳裏に浮かぶのはやはりシェットランド、少し以前にご紹介したReのニットも糸はシェットランドで作られたモノでした。

シェットランドというのはスコットランド北部、シェットランド諸島のこと。って聞くだけで寒そうです、そりゃあ良いニットが作られる訳ですね。

ということで本日のご紹介は、、、って、ココまで言ってるんですからシェットランドニットに決まってますね(笑)

なのですが、その中でも




DSC_1653.jpg

フェアアイルなのです。

冬イメージの柄ですね、ドーデモイイ話ですが余談としまして、、、「こういうのってノルディックって言うんじゃないの??」と聞かれる事がたまにあります。気持ち的には「そんな感じ」と言いたいところなのですが、、米焼酎と芋焼酎くらい差があります、好きな人には全く違うし興味が無ければ同じに見える(笑)

フェアアイルはフェア諸島のことで、多分色んな民族が流れ着いたのでしょうね・・・この柄の中にはケルティック北欧・グラナダ・ムーア・バスク等に伝わる文様があしらわれてたりします。

ノルディックはそのまんまノルウェーですね、ルースコスタと呼ばれる斑点が全体にちりばめられ・雪の結晶・トナカイ・もみの木というのが定番。ベタに言えばクリスマスっぽい感じです(笑)


ということで、、、フェアアイルと言えば、




DSC_1642.jpg

JAMIESON'Sです。

そんなジャミーソンズのシェットランドニットの、




DSC_1629.jpg DSC_1628.jpg

プルオーバーベストと、




DSC_1631.jpg DSC_1630.jpg

カーディガンです。

流し見すると同じ柄で2型に見えそうなのですが、



DSC_1640.jpg

ベストと、


DSC_1638.jpg

カーディガンで違う模様。

ボクなりにそれぞれに良さそうなのはコッチって気分で選んでみました、ちなみにベストのブラウン系のは個人的に持ってるのでプッシュしたくなるというのも理由(笑)




DSC_1632.jpg

こんな感じ。



DSC_1635.jpg

上着の下からこんな感じ。



DSC_1645.jpg

カーディガン、



DSC_1643.jpg

襟はこの手のショールカラー的なモノとしては上まで閉まりますね、というコトは上着と合わせやすい。重めのミドルゲージくらいの肉厚、ゴリゴリのローゲージではないので上着が着やすいです、イイでしょ?それって。

いや〜、ボクも新調したいな・・・なのですが、極少量ですので我慢。というコトは皆さんは我慢してると無くなりますので、逆に心を解放してお越しください(笑)


お早めに。






DSC_1649.jpg

JAMIESON'S VEST ¥19,950- CARDIGAN ¥30,450-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日・21日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

BEAVER OF BOLTON VEST

こんばんは。

昨日に引き続きビーバーからベストをご紹介。

ベストをご紹介する時はいつも言ってるのですが、ホントに便利。アウターにもインナーにもなりますからね、冷やっとするけど防寒着を着込む程ではない時にパーカの上に着たり、コートの中に着ればモコモコせずに保温出来る。

人間は体幹を温めるのが重要ですので、ベストとマフラーで結構イケるんですよね。


ということで、ベストです・・・商品名自体が「VEST」なんです。「俺?、オレはオレですけど。」みたいですが(笑)




DSC_1622.jpg DSC_1623.jpg

でもそういう感じ、何処に出しても「はい定番。」と言ってもらえる堂々たるベスト。




DSC_1624.jpg

素材は昨日同様、ツイードのキルティング。ハンドウォーマーはラウンド型で手にも目にも馴染みが良い。




DSC_1626.jpg

サイドスリットは調整可能、ってまあ雰囲気向上ですね。



DSC_1627.jpg

持ち出しのスタンドカラー、襟の表情も大切です。



DSC_1618.jpg

こんな感じ、




DSC_1621.jpg

コートの下にもこんな感じ。

こんなアウトドアスタイルのコートにもバッチリですし、ステンカラーなんてのもモチロン。

シャツ・ニット・カットソー・パーカ、、、なんでも合わせられるスゴイヤツですよ。

それから・・・・


努力無しで洒落てみえる(笑)


キルティング+ツイード+ベストって取り合わせは強いですよ。


皆さんも是非味方につけましょう。






DSC_1633.jpg

BEAVER OF BOLTON VEST ¥19,950-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日・21日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

BEAVER OF BOLTON HOODED BOUND JKT

こんばんは。

今朝、着ようと思ったVネックニットに人差し指2本入るくらいの虫食いが、、、デカ過ぎてどうにかしようという気も起こりません、虫さんはJIGSAWの毛糸で腹一杯です(笑)

でもニットとかスーツに使うウールギャバとかって虫食いにやられるのに、ブルゾンや重衣料に使うツイード的な生地だったり、ローゲージだったりは食われないですよね?やっぱ油分とか・虫にとっては食いきれないサイズだったりとかなんでしょうかね(笑)

そんなウールのアウターが本日のご紹介。

MADE IN ENGLANDです、





DSC_1607.jpg

BEAVER OF BOLTON

約半世紀、キルティングのアウターを作り続けている工場さんのブランドです、有名ブランドのキルティングJKT達はココ出身だったりします。ここ5年くらいDすかね、セレクトショップで見るようになったのでご存知の方も増えたんじゃないかと思います。

そういうことですので、作りは折り紙付きで工場の自社ブランドなのでコストパフォーマンスが高い、良い事尽くしです。



ということで、本日は先ずキルティングのアウターと言えばコレを思い浮ぶんじゃないでしょうか





DSC_1586.jpg DSC_1588.jpg

フード付きのジャケットです。




DSC_1610.jpg

UNITではブラックとブラウンの2色でご紹介、ツイードのウールって本当に安心感がたっぷり。





DSC_1613.jpg

収まりの良い形状のフード、




DSC_1611.jpg

コーディロイのトリム、耐久性が高いんです。




DSC_1614.jpg

外からタタキ付けのステッチが見えている内ポケット、デザイン的にもアクセントに。




DSC_1615.jpg

体のさばきやすいサイドベンツ。

そう、とても合理的なデザイン。革靴、、例えばフルブローグだったり・ゴム引きコートだったり・ハンチングだったり、、、英国のデザインはその道具然としたカッコ良さが魅力ですね。




DSC_1574.jpg

175cmくらいのボクで38です。

今でこそトラッド的な扱いのこういうJKTですが、元を正せば冬用の馬布に使ってたキルティングから。旧時代のアウトドアウェアと言っても言い訳です、上品なアウトドアウェアです。


ニーカーな普段着感覚のコーディネイト〜タイドアップして上品にいきたい気分の時まで、守備範囲はとても広いです。


もうジャストシーズンです、今から春になる前までずっと。

是非どうぞ。




DSC_1601.jpg

BEAVER OF BOLTON HOODED BOUND JKT ¥29,400-

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日・21日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

Home > 2013年11月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。