Home > 2011年10月

2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

むだい。

月末で月曜日でその他色々な時期。

ワチャワチャしてたらこんな時間・・・、本日のブログ見送りです。

スミマセン・・・・・。



また明日です。



因みに関係無いのですが、、






DSCN1113.jpg

旧ホテルフジタはこんな感じになってます。

久しぶりにカスタムオーダーの画像を。

昨日に引き続きFREDRIK PACKERSです。

皆さんにご愛用頂いておりますパッカーズさん、もちろんカスタムオーダーもコツコツ承っております。


久々に2つご紹介。

先ずは1階ITOのK氏。以前から営業・出張にとPROFESSORを愛用してまして、コレが大概ボロボロになってきた。ということで今回新調。初代は白・ベージュ基調のシンプル爽やかな感じだったのですが、、、




DSCN1045_20111030175408.jpg

今回は道路にある色んなもモノを集めたような、なんでしょう、ストレス発散なのでしょうか(笑)

とはいえちゃんとまとまっており、個性的でございます。


次はナベさんのMOUNTAIN PACK、




DSCN1046.jpg

落ち着きと男の子っぽさと、イイ感じですね。

これからもIKDとONOと共に伝道者としてSTBのパッカーズ利用率をキープしてください(笑)


ついでに昨日E.B.Sさんにお集まりの方々のパッカーズを盗撮したのを。





DSCN1088_20111030175408.jpg DSCN1089.jpg

DSCN1099.jpg DSCN1102_20111030175535.jpg

DSCN1094.jpg DSCN1095.jpg

DSCN1096_20111030175507.jpg DSCN1087_20111030175408.jpg


DSCN1092.jpg

うんうん満足(笑)


FREDRIK PACKERSのカスタムカラーオーダーは

・MOUNTAIN PACK
・PROFESSOR PACK
・PROFESSOR PACK for BUIZINESS

の3品番で随時お受けしております、




DSCN1097_20111030175507.jpg

いつでもご相談くださいませ~!

もうね、ウチ狭いから増やさないで・・・。

こんばんは。

なんだか汗ばむ日中ですよね・・・UNIT、開店直後はまだ冷房で冷やしてます。だからかどうかわかりませんが本日はず~っとハワイアンがBGM、なんだか心地よいんですよね(笑)因みにヘビーにかけてたのがAhuliliという定番曲、秋に聴くのもイイですね。


そんなことより、、本日はFREDRIK PACKERSのニューモデル。

最近店頭に新しく仲間入りしたパッカーズさんが結構多くて。電子機器を収納するスリーブのシリーズ・キッズパッカーズ、店内スペースに限りがありますのでもう勘弁して、、

と言ってるのにまたですよ、まあた新しいカタチが。

だけど・・・・コレがイイんですよね、、、、困った事に。





DSCN1029.jpg

コレです、名前はMIRO。




DSCN1031_20111029194922.jpg

こんなサイズ。

便利な大きさだと思います、ってか欲しかったサイズ。これだと腰にも巻けますね。

小さいからといって侮るなかれ。




DSCN9065.jpg

コンデジ・携帯・タバコを入れて、、、




DSCN9064_20111029194921.jpg

まだ2/3位です。最小の荷物で出かけたい時の強い味方になる事でしょう、うん。



DSCN1030_20111029194922.jpg

使い勝手はいつもの通り、しかもムダが一切なくって且つベルトがヒラヒラしません。こういうので一番イヤなのは余ったベルトがヒラヒラすることですから、それが解消されてるのは素晴らしいんです。


いやはや困りました、、、、場所作らなきゃ(笑)







DSCN1028.jpg

FREDRIK PACKERS MIRO   ¥3,360-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

しかしね、MOBILE CASEに420円足した値段なんです、、モバイルが高い訳でもないですし、、、嬉し過ぎます。

そしてコレの有用性、別の角度からまたお伝えします。ここ数日無いにあっちのブログの方で、はい。

それから本日のE.B.S工房での様子はコチラに。

明日29日(土)は、13時オープンでお願いします。

ちょっとコレにブツを配達です、スミマセン。あ、下の記事も本日分ですのでヨロシクです。

RYUのチェックのウールのパンツ。

  • 2011-10-28 (Fri)
  • RYU
こんばんは。

日中はまだ半袖の人を見ますね・・・・、その方達がじゃないのですが、なんかイヤ。もう数日で11月だって言うのに。

個人的にもですよ、早く分かりやすい秋冬の格好をしたいのにこれじゃあホント中途半端です。

待ちきれません、早くウールのパンツをはきたいのに・・・。



そうそう、本日はウールのカッコイイパンツをご紹介・・・・(笑)



10日程前になりますか、、RYUのwool flannel jacketってのをご紹介致しました。





DSCN0935_20111028160801.jpg

コレね、やっぱイイです。

このフランネルを使ったパンツもラインナップされてるんです。




DSCN1039.jpg

こんな感じ、ラップパンツ的なデザインに仕上がってます。

UNIT的にはかなりエコヒイキしたいパンツです、程良いテーパードと腰回りのボリューム感が良いバランスです。




DSCN1041_20111028160921.jpg

片玉縁のポケットに友地のベルトを、ベルトのホールもハト目で無く菊穴にしてますので落ち着いてていいです。ウールの場合菊穴の方が生地に優しいですしね、バックルもツヤ消しなのがバランス良し。この辺はモードになり過ぎないRYUの気配りでしょうね。若干ハイウエストにしてありますので、この辺りのニュアンスを利用して遊ぶのも良さそうです。




DSCN1042_20111028160920.jpg

バックポケットは片方、雨蓋付きの片玉縁。スッキリです。コレ以上でも以下でもダメな気がします。




DSCN1034_20111028160801.jpg

フランネルの生地感・チェック・シルエット、素敵なマッチングです。

トップスの着方がまずくて引っ張られてますが、、、ご愛嬌で(笑)

因みにストールはこないだご紹介したRYUのモノ・ハイゲージのニットもRYUのモノ(コレもまたご紹介します)、要するにトータルコーディネイト、そりゃあバッチリなんですが、、、、UNITはセレクトショップなのでRYUに頼りきっちゃダメ。

ということで幾つかパターンを。




DSCN1036_20111028160801.jpg

デニムシャツ、ウールの大人具合とデニムの王道カジュアル具合を混ぜ混ぜ、このシャツも改めてご紹介します。





DSCN1035_20111028160801.jpg

アール・イーさんのVintage Weather Arctic JK 、バッチリですね。ロールアップで印象を変えても良しでしょ??、レザーシューズをはきたいところです。





DSCN1037.jpg

次はPEdALさんのアドベンチャーパーカ、こういうアウトドアなモノにチェックは当たり前の相性の良さ、クライミングブーツでもいいなあ、、、。あ、ペダルさんのアウターも追々ご紹介です。




DSCN1038.jpg

どう考えても合わないはずの無いMONT LIVREさんのシェットランドカーディガン、シックです。


という感じで。

「ウールでチェックのボトムなんて難しくない?、はいて見たいのは見たいんだけど・・・。」という方は是非ご相談を。むしろパンツが主張してくれますので扱いやすいんです、ハイ。


あ。


「折角上下で同じ生地なんだからセットアップ出来るのに何で写真無いの?」って思ってません?1人位は思ってはりませんか・・・?





iPhpne2_20111028160943.jpg

京都の男前に着てもらいましたよ。


という感じで。


こんな感じで。


そんな感じで。







DSCN1043_20111028160943.jpg

RYU checkered wool f-full-lengh pants ¥23,100-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

ちょっとお知らせ。

こんばんは。

昨日は京阪神を朝から晩にかけてフラフラしてまして、、珍しく腰が痛い。


歳のせい?と言うよりは、帰の電車の中からお小水を我慢してまして、、おそらくソレ(笑)

しかし昨日はカメラを忘れるという・・・これは歳のせいでしょうか(笑)






DSCN0989.jpg

なので昨日の記憶が爽やかなうちに処理しないと・・・・とゴニョゴニョしてたらこんな時間に。



スミマセンです。



んで、本日は1時間早く店じまいさせて頂いたのですが、何故かと言いますと、、、、、






94568d78.jpg

本日から30日の日曜日まで、岡崎エリアでこんなイベントが開催されてます。

みやこメッセも光ってます。

んでですね、





DSCN0993.jpg

期間中は京都会館と岡崎公園の間でオープンカフェが、





72ecbf5f.jpg

ここですね。

このカフェ、同志社大学のカフェ・レストラン「アマーク・ド・パラディ寒梅館」の皆さんが、





DSCN0996.jpg

楽しく開店。

天気も良さそうですし、週末のお散歩がてら如何でしょうか??


というお知らせでした、是非是非どうぞー!!

本日はお休みでした。

RYUのストール。

  • 2011-10-25 (Tue)
  • RYU
こんにちは。

コンと気温が下がった本日、丁度良いので巻きモノをご紹介です。


女性にとってはストールとかって巻きモノ、当たり前のアイテムですよね。でも男性陣はとなると、、、なんだか・・ねえ、、、という方が多いかと。

ボクは大好きです、冬になると巻いてる事が多いです。

結構ね、便利なんです。防寒の面から言っても、首、、というか脊髄を温めるとかなり効果的ですし、逆にどれだけ厚着しても首からの冷気の侵入で台無しです、首を温める事で他に着るものを軽く出来るとも言えます。

そしてシッカリとコーディネイトのアクセントになりますので、他を少々手抜きしてもごまかせます(笑)。また、「じゃあ巻いてみるか」と思い立って比較的インパクトの弱めなモノから選ぶ方もいらっしゃるのですが、、細く・短くなる程にテクニックが必要です、逆にドンと巻いてしまう方が単純明快。

何よりもまあ、巻きモノは男女共通の素敵なアイテムですので是非是非UNITにお集まりの皆さんもマキマキしてください。

そんな巻きモノ、本日はRYUの長いのをご紹介です。




DSCN0975_20111025160312.jpg

2つ折りでコレなので3m超え。




DSCN0981.jpg

こんな感じです、ちょっとモード的でもあり・シンプルでもあり・素材感もイイですし。



DSCN0983_20111025160520.jpg

素材はウォッシャブルウールガーゼ、ホコホコした素材感とシャープさが両立されてます。ネット洗い可、心強いですね。



DSCN0984_20111025160520.jpg

斜めに断ち切りですのでイイ表情。


ということで先ずは2周巻いて、、、




DSCN0972.jpg

こんな感じ、、、、黒だと分かり辛いですね、、、




DSCN0977.jpg

こんな感じ。



DSCN0976_20111025160312.jpg

前に流す分もぐるっと巻いて、



DSCN0979_20111025160520.jpg

こういう風にしてもね。


大判ですのでショール的に、




DSCN0978_20111025160312.jpg

肩を包むとかなりイイ雰囲気。


因みに昨日のコートの上から巻いてたのはこのストールです。


如何ですかね、、、モチロン自分用に、はたまた奥様や彼女に「あら、こういうのくれるセンスあるのね。」と喜んでもらうのもアリかと。一緒にも使えますし。


そういう意味でもストールって使い勝手の良いアイテムだと思います(笑)




DSCN0986.jpg

RYU washable wool gauze stole ¥14,700-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

あ。

明日はRYUの来春の予定を見せてもらいますので、「早く教えて~!」という方はご来店くださいね。

Reのメルトン、美味しいトコ取り。

こんばんは。

最近レンタルDVDで、




asingleman.jpg

シングルマンを見ました。2009年に公開だったこの映画、、チョッと手が伸びなかったのですがようやく。

独り身の男性の最後の1日、、、、ボクもそんな感じで独りでだな、、この死に方はさっぱりしててイイかも、なんて思ったり(笑)

アレですね、トム・フォードが手掛けた映画ということで我々の業界ではかなりの話題で、まあ色んな評価が下されてます。同性愛がテーマと思いきや実は純粋な恋愛の心模様の描写が秀逸とか、ファッションや背景に注目されがちだけど純粋な映画、、、、とか、まあ皆さんそんな感じで。

ボクが見て思ったのは、、、、良くも悪くも全部がトム・フォード。

ボクね、正直カレ苦手なんです(笑)、だから手が伸びなかったってのもあるのですが。

実際カッコイイ仕上がりです。映像も粒が立ってて、建築・内装・小物・ファッション、全てカッコイイ。主演のコリン・ファース、英国王のスピーチの人ですね、さすがスーツがバッチリ似合う。そして内容も悪くない、ストーリーの展開も悪くない。でもね・・・なんだかピンとこない。何でかなあと考えますと、、、やっぱりデザイナーさんなので、彼の世界感の押しつけを感じるのかも知れません。決して悪い事ではないと思います。オートクチュールやプレタポルテやるには押しつけが無いと、売る側・買う側が成立不可能ですからね。

でも彼の手法はどうも以前の焼き直しの正統化が強い気がするんですね、、、、まあコレも好みの問題ですが。デザイナーという職業はある意味平気な顔してパ○リをしなきゃならない側面もありますから(笑)

まあ単純に肌が合わないという事かも。

時代背景・その他、かなりニアなところをボクも好んでると思いますので、余計に敏感になるんでしょうね。


もちろんボクがここでこんな事を言ってても箸にも棒にもかかりませんので、、なんとかの遠吠えってヤツです、はい(笑)


まあそんな偉そうに言っておきながら少なからず映画の影響を受けてるのか、、、今日の写真はスニーカー無しの全部レザー靴(笑)


この映画は男と男の愛を描いてますが、、、そもそも男女は1つが分かれて出来たとかその他創世の諸説がある訳で。元々1つだから戻りたがって男女が惹かれあうとかね。

人の出来具合もなんだか二個一で表現されたり。

「あなた達兄弟、足して2で割ったら丁度イイのに、、、もぅ。」なんてお母様に言われた記憶のある方もいらっしゃるかと(笑)



本日のRe、足して2で割ってみた感じです。



Reの商品で息長く定評のあるモノって結構多いのですが、その中でも印象の強いのがメルトンのコート。





DSCN0961.jpg

尾洲産の上質で軽やかなこのメルトン、お気に入り頂いてる方も多くいらっしゃいますのでUNITとしましても自信の商品。

これを使用したショートコートが昨年までは2型ございました。


Wool Thick Melton BD Collar Short Coat 以前のご紹介は コチラ

Wool Thick Melton Stand Collar P-Cort 以前のご紹介はコチラ


という具合ですね。

この2型を、、、





DSCN0958_20111024180435.jpg DSCN0967.jpg

ミックス。



DSCN0969_20111024180435.jpg

襟がB.D、



DSCN0970.jpg

衿がラウンド。

この襟と衿の2択で迷った方もいらっしゃるのではと、、、、それの美味しいトコ取りです。

上のリンクのコチラ2つをご覧頂ければこのコートの良さはお分かり頂けるかと思います。


ということで本日は着用写真を強化。





DSCN0913.jpg

普通にポイっと、インナーはVネックのニット。




DSCN0911.jpg

それに前を閉めて巻きモノをグルグル。




DSCN0932_20111024180349.jpg

デニム、それ以外は全て同系色、、、コレ結構お気に入り。




DSCN0952.jpg

白いシャツにベスト。




DSCN0950.jpg

白いシャツにタイ。


という感じが今のボクの気分です。

昨日も同じコト言ってますが、、、デニムとタイの写真はパンツをロールアップしてます。ブーツでロールアップ、これでトップスのボリューム増にボトムが対抗出来ますし、何より冬だからこそ可能な遊び方。



今年の冬、いつもナイロンものばかりの方も、、、、、こういうのもいかがですか??


シングルマンの主人公の様に襟をカチっとしてみたら、、男のカッコ良さが見つかるかも・・・。





DSCN0971_20111024180503.jpg

Re made in tokyo japan Melton BD Collar Coat ¥41,715-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

ReのJKT、冬仕様。

こんばんは。

本日の京都は時代祭。他府県の方も多数洛中にお見えの様子、二条木屋町も人や車の通過点でした。

・・・・まあ、通過点なんですけど(笑)

UNITにお越しの方はそういう日を外す方が多いので、逆にそんな日はのんびりなんです。

なので1階でポケ~っと煙草の煙をくゆらせつつ通りを眺めるのですが・・・・あ。




DSCN0949.jpg

UNIT-ITOの向い、2件FOR RENTです、誰か入ってください(笑)

カフェとかそういうの出来たらいいなあ~という願望。



そんなコト言ってないでちゃんと店内眺めて紹介する商品をピックアップしなきゃです。



本日はですね、Reさんの暖かいJKTをご紹介致します。

キッチリ冬のアウターになるJKT、中々ございません。こういうの欲しかったんだよ~って方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。





DSCN0938.jpg

コレね。





DSCN0940.jpg

素材はウェザークロスと呼ばれる高密度の平織り、細い番手の糸を詰め詰めで織る事により防風性を持たせております。硫化染料でじっくりしっかり染めた深い黒、堅牢染めってヤツで文字通り染めの強度も高い。コットン70%・ナイロン30%です。




DSCN0939.jpg

裏地のスレーキの間には丁度良い分量の中綿が入ってます。見た目にモコモコし過ぎず程良くボリュームもあり。もちろんこれによる防寒性が本来の意味合いな訳で。


防風・防寒性のあるJKTの出来上がりです。

テーラード調なんですが、




DSCN0941.jpg

こういうマチ付きのポケットや、




DSCN0943_20111023200719.jpg

襟の処理でカバーオールのデザインに仕上がっております。




DSCN0944_20111023200719.jpg

釦もばっちり本ナット。




DSCN0936_20111023200520.jpg

ボリューム感とスッキリ感が絶妙にマッチしてますね。


シャツを着る時やもちろんカット・ニット類でもイイのですが、





DSCN0945_20111023200719.jpg

襟を立て気味にするとまた一味追加の雰囲気が出ます。





DSCN0875_20111023200521.jpg

ちょっと趣向を変えまして巻モノをマキマキ。見た目にもイイのですが、これでかなり暖かさが倍増します。UNIT的にはこういう感じが好きです(笑)

また、ボリューム感のあるJKTですので、パンツを少しロールアップして足元のニュアンスを作り、ブーツと併せてボリュームを付けると上下のバランスがイイ感じに仕上がりますヨ。




色々言いましたが、、、、単純にカッコ良くて使えるJKTです、はい。








DSCN0948.jpg

Re made in tokyo japan Vintage Weather Arctic JK ¥34,650-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

Home > 2011年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。