Home > 2011年04月

2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

今まで無かった感じ。

こんばんは。

連休2日目、少しずつ春がシッカリしてきておりますね。

今日なんてのは所謂絶好の自転車日和ってやつでしょうかね。
しかし自転車乗ってシンプルに心地良い季節には変わりありません、でも最近のボクは諸事情で室内籠り型生活ですので、あんまり遊びに行けてません・・・5月後半からは乗り乗りでいきたいところです。

仕事で自転車乗りにベルギーに行ってるお猿さんは、





image2.jpg

頑張ってる様子、、、、ボクには二日酔いで山遊びに行ってる時の顔にしか見えませんが(笑)


明日は生憎の空模様らしいのですが、それを越えると落ち着くのかな?・・・と思って天気予報みたら、、、結構シビアな感じ。買い物しましょ、経済動かしましょ(笑)



買い物に出て春のオシャレを。

オシャレは足元のスニーカーから。



ということで本日もスニーカーなんです。

久々のFIVE TENです。

言わずと知れた?MTBer御用達のブランドですね、UNITではオシャレアイテムとしての取り扱い。無理矢理に聞こえるかも知れませんが、ないきのだんく履いてる何%がバスケやってんねん?ってことです。更に自転車遊びを少し応援している普通の洋服屋UNITとしては、かっこよくて自転車乗りやすいココの靴はモチロン外せないわけですよ。

今年は例年に増してムフフなモデルが登場している5.10、その中でも最も普段履きし易く性能は本気なモデルが最初にお目見え。





DSCN9526.jpg

DIRTBAGです。

ベルクロ1本で固定するタイプ、居酒屋向きですね(笑)





DSCN9519.jpg DSCN9516.jpg

一見すると結構ポッテリに見えるのですが、





DSCN9525.jpg 

ココのブランドの中では履き口結構薄めなので細いパンツに合わせてってのがすんなり出来ます。デザインもちょいストリートっぽくて、これからの季節はショートパンツとも相性良さそうですね。このデザインならMTBはもちろん、固定やら小径やらのフラペを使ってるスタイルにはドコでも溶け込みそうです。

そして性能自体はもちろんいつもの通り。




DSCN9520.jpg

ベルクロ1本も意外なホールド感のシッカリさですし、





DSCN9523.jpg DSCN9522.jpg

ソールもステルスファントム、ネッバネバです。ペダル食い食い、雨の都会もなんのその。




正直ココの靴、ボクの中ではモッサリ感が拭えなかったんです。自転車乗ってる時や山の中ならイイんですが、普段ではちょっと・・・・というのが多かったんですが、今年は結構変貌を遂げました。その最たるモデルがこのDIRTBAG。




DSCN9535.jpg

コイツ、結構半年前のユーロバイクの時から注目株だったみたいです。


ボクも大注目です。

しかしスニーカーが入荷すると、なんでこんなにワクワクするんでしょうかね(笑)








DSCN9527_20110430190930.jpg

FIVE TEN DIRTBAG  ¥10,500-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

告知です。

こんばんは。

昨日はRYUの秋冬を見に行ったりしておりました、かなり楽しみです。個人的に欲しい物がイッパイ、コマリモンです。


なんて半年後の話よりも明日から始まるゴールデンウィーク、良くわかんないのでとにかくUNITは5月10(火)まで休み無しです。

その代わりと言っちゃなんですが、5月11日(水)の定休日と12日(木)を臨時休業に。ということでお願い申し上げます!


んで現在、色々ドンっと入荷しております。






DSCN9493.jpg DSCN9496.jpg

DSCN9494.jpg DSCN9497.jpg

おっつかないのでこんな感じでスミマセン(笑)、追々キッチリ1つずつご紹介いたします。

半袖が揃い始めたり、5.10の新型がきてたり。

ゴールデンウィクのどこか1日はUNITへ、よろしくお願い申し上げます(笑)


んで表題の告知なんですが。







CCF20110428_00000.jpg CCF20110428_00001.jpg

こんなイベントがあります、画像クリックで詳細ドウゾ。

UNITからも秘密の商品が登場しますので是非是非ご来店を、フローイング烏丸さんの美味しいご飯を食べがてらでも。

それ以外にも、ちょこっと秘密のホニャララがあったりなかったり、、、、未確定なのでこの位でお許しください(笑)


ではでは明日から皆さん待ちに待ったゴールデンウィーク。

お待ちしておりますよ~!!

本日はお休みでした。

やっぱ男はシャツでしょ、その2。

こんにちは。


はい。



ということでその2。

シャツと言えば、、、、、やっぱり白。白いシャツを着る事は出発であり終着でもあります。そして使い勝手としても白いシャツはボトム・アウター共に選ばない、逆に困った時には白いシャツを着れば何とかなる!といっても言い過ぎではないかもしれません。カジュアルの代名詞「ジーパン」でさえ白いシャツのフィルターを通過すると「落ち着き」を得られますし、真夏に長袖着てても「暑苦しくならない」ワケで。逆に真冬に黒とか濃い色の洋服ばっかりになるところ、襟元に白があるとスッキリ。

そんな白いシャツ。王道中の王道ですので、「究極の白いシャツは?」と問われて作るとなると、、、、恐ろしく普通のドレスシャツに見えると思います。素材・釦・縫製のこだわりを打ち消してしまう位普通のルックスだと。
極端な話、そういう「フルハンドで300/4新彊綿のドレスシャツで、、、んん~っ、7万円っ!」ってのをサラリと普段着に出来れば最高の幸せかもしれませんが、、、ちょいと現実離れ(笑)

んでですね、そこらのスタンスをしっかり念頭に置きながら「のぺ」とか「つる」ってした無味無臭の白いシャツにならず、適正価格で高品質をと考えますと、、、出来上がっちゃいました。


イイのがね。


今回使用しました生地は




DSCN9452_20110424132916.jpg

ドビーヘリンボーンストライプ、昨日の右カフス裏にあしらってた素材ですね。

結構広幅のヘリンボーン、最近ではあまりお見受けしない素材です。コレを前立て・ポケット無しのドレスシャツに使うと、結構アピール度が高くてちょっと・・・となっちゃうのですが、ボタンダウンのシャツに使うと程良い大人向けのメリハリが生まれるわけです。しかもT/C、、ポリエステルと綿が半々ですので乾きやすくシワになりにくい、結構な事じゃないですか。もちろん綿糸にこだわるのも良いのですが、化繊と上手く付き合うのも賢いんです。




DSCN9456_20110424132952.jpg

ボタンも主張し過ぎず・且つシッカリ感のあるものを選びました。白に対してブラウンの釦ってのもポイント、色の主張が出ますので小ぶりのモノを。






DSCN9455_20110424132953.jpg

脇のガセットも貼り付けではなくキッチリ巻きで。







DSCN9451_20110424132917.jpg DSCN9453.jpg

いや、イイんじゃないですか。





DSCN9432_20110424132918.jpg

ジーパン+スニーカーを基本に、





DSCN9434_20110424132918.jpg DSCN9435.jpg

こんな感じで、、、、って昨日撮ったのバレバレですね(笑)

白いプレーンなシャツでも、地模様がシッカリ立ってるとかなり着やすくなります、且つ素材も先程お伝えした通りなのでラフに扱える。

てな感じで「ラフに着ろ~」ってばっかり言っちゃってますが、もちろん素姓はしっかりしておりますのでキッチリ着て頂いてもオッケーです、タイドアップしてね。

んで、昨日以外の別バージョンもちゃんと撮りましたよ(笑)





DSCN9459.jpg

タイは締めてませんがJKTとレザーシューズで。カジュアルですが一応ジャケスラのスタイルですので、自ずとこのシャツの本来の姿が見えてきませんか?



というこのB.Dシャツ。上の様な着方以外にも、、、インナーにタンクトップを持ってきて、ショートパンツ・クロップドでスニーカー・レザースリッポン・サンダル、な~んて感じで夏を過ごすってのもアリです。



まあ、オールオッケーって事です。

コレはボクと1階ITO氏で体現すると思われますので、今後ご参考にして頂けると幸いです(笑)



ということで、コレ大本命の中の大本命です。






DSCN9460_20110424133948.jpg

AndaVrai CLOTHING Mayor   size M/L/XL ¥12,600-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで、これもモチロンXLまであります。

やっぱ男はシャツでしょ、その1。

こんばんは。

昨日のTeenage Funclubの写真からもう1回↓




teenagefunclub_20110423180717.jpg

恐らくオックスフォードだと思われる生地のフラップポケットの青いシャツに適度にはき込んだ5ポケデニム、そして何のことはない黒のサイドゴアブーツ。


カッコイイじゃないっすか、たったこれだけで。

勿論ミュージッシャンであるバックボーンであったり男性特有のオッサンになったら出る色気とか、、まあそういうのも加味されてるとは思うのですが、やっぱね・・・


「シャツ」


なんですよ。

ちょっと前にも言ってましたが、アイテムとして男性のカッコ良さを守る最後の砦が「シャツ」であると、ボクも1階ITO、というかアンダヴレも考えております。パンツやその他の本来男性用アイテムであったモノは女性アイテムへと吸収されちゃいました。「シャツも女の子着るやん。」と言われそうですが、、それはブラウス。所謂シャツってのを女性が着ると、やっぱり男性的なモノを取り込んだ感は拭えないはず・・・・例えばボックスプリーツのスカートにB.Dシャツで、、、なんて女性のスタイル、品のある女性らしさがあってボクも大好きなのですが、それも元々両方男性のモノであった訳ですし、ルーツは制服。制服というカテゴリー自体が元々男性のモノ。


・・・・・なんてオトコのポジション獲得に必死になっておりますが(笑)


とまあこの春UNITがしつこくねちこく言っておりますシャツですが、その本気その1が本日のご紹介。


1階ITOというかアンダヴレがこの1年作り続けているB.Dシャツ、ということでUNITの定番シャツなのですが、その第4弾。




DSCN9444.jpg

今回のその1は綿ポプリンのストライプ、ピッチも詰まり目のものを選びましたのでピシっとした表情です。





DSCN9449_20110423180841.jpg

ボタンもそれぞれに配色してます。


なんて言いながら、やっぱりシャツはシルエットが命。







DSCN9439_20110423180803.jpg DSCN9441.jpg


すっきり、且つメリハリ。

って置きで見ても分かりにくいですね(笑)







DSCN9429.jpg DSCN9438.jpg


こんな感じです。細く見えます、ポテっとするのはシャツとしては・・・ね。「細く見えます」と言いますのは、決して細く作ってる訳ではないから。ウエストをシェイプするとか・ダーツをとるとかそういう小技はしてません、しっかりボックスで勝負してる王道のシャツ。そこは脇の絞り込みをキッチリ計算してますので窮屈ではないのにシルエット自体は細く仕上がる、敏腕パタンナーさんに感謝。

本日自前でブルーを着てきました。もちろん1枚勝負したかったのですが、この生憎の雨でちょいと冷える。




DSCN9426.jpg

なのでカーディガン。



DSCN9431.jpg

Vネックのニットも。

襟腰がしっかりしてますのでこういう襟の表情がキモなニット物とのコンビネーションも難なく、そこらのカジュアルシャツのように頼りなくなりません。作り・パターン・襟元はドレスメイドなのですが、素材・B.Dや前立て・ポケットで少し息を抜いて。因みに昨日のJIGSAWのヘンリーパーカのコーディネイト写真のシャツはこのシャツです。そういう感じでもドウゾです。


そうそう。置き撮りの写真、お気付きでしょうか??





DSCN9445_20110423180803.jpg

右のカフ裏のみドビーヘリンボーンなんです。コレは明日のヒント(笑)

根本的には王道ド直球で勝負してるのですが、見せなければ分からないところで少しだけ遊びを。



でもね。





DSCN9446_20110423180803.jpg

こんな風に、




DSCN9447_20110423180842.jpg

こんな風に、気付いた時には「??、!!」と前に座って喋ってる人に楽しんでもらえるのですよ。


という自己満足?(笑)


男性のオシャレってこういうメンドクサイところにこそなんですよね。

あ・・・・そうそう、今回はUNITに集う皆さんに大胸筋自慢や180オーバーの皆さんも多いということで、、、なんとXLサイズを展開しております。思い当たる方はとりあえず試着しに来なさい(笑)




さあ春です、シャツを着ましょう!







DSCN9450_20110423180841.jpg

AndaVrai CLOTHING  GranVia  M/L/XL  ¥12,600-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

JIGSAWの気の利いたコレ。

こんにちは。

最近なんだか雨が多いですね。

かえって穏やかな気持ちにさせてくれるような気がします。そんな本日、ウチのiPodくんが中々絶妙なチョイスをしてくれてます。え~無いやろって時も多々あるのですが(笑)、今日みたいな日も。まあコッチの都合ですがね。


先ずひょっこり聞こえてきたのが、



teenagefunclub.jpg

Teenage FanclubのAin't That Enough、うんうん。

続いて、





thesundaysstaticsilence.jpg

The SundaysのHomeward、ほーほー。

んでもって、





bicrunga.jpg

BIC RUNGAのWhen I See You Smile、ふ~ん。BICちゃんのはさっきSwayもかかったな。



穏やかです、穏やかな雨の日であります。

・・・・今週の雨が落ち着いたら、最近サボり気味の[RIDING UNIT]も再開しなきゃです(笑)


しかし穏やかに降る雨ってのは悪く無い、悪く無いんですが、、、、ちょいと肌寒い。

そういう時にシャツやロンTの上に重ね着出来て、この先もっとイイ気候になったらばタンクトップや半袖Tでオッケー、そういうのがJIGSAWさんから届いてるんですよね。






DSCN9406.jpg

コレ。

7分袖でパーカでヘンリーネック、何とも言えない絶妙な力の抜きっぷり。





DSCN9407_20110422174456.jpg

素材は米綿のヘビーウェイト。

ざっくりドライタッチでコシのある、安心感のある素材。これに関しては今更クドクドご説明するまでも無いかもしれませんね。





DSCN9408.jpg DSCN9409.jpg

もう2色ございます。

短い袖のパーカってのは、もう認知された存在だと思いますのが、ヘンリってのは未だ中々無い存在なのではないでしょうか。コレで襟元のニュアンスがとても付けやすくなります。下に合わせるものも、、、







DSCN9416.jpg

・クルーネックなら1つ開けて。





DSCN9411_20110422174601.jpg

・シャツなら2つ開けて。






DSCN9412.jpg

・Uネックなら3つ開けて。


色々遊べちゃいます。なんでも合わせられるでしょ??

こいつ、結構ツワモノですよ。






DSCN9418.jpg

JIGSAW HEAVY WEIGHT AMERICAN COTTON PULL-OVER HOODY ¥9,240-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

パッカーズいっぱい。

こんばんは。

昨日のお休みも引きこもりました、今年の4月は捨ててます(笑)

とはいえ、お昼食べに出て、ついでにちょこっとご挨拶がてらフラっとして、お陰で1日家にいると片頭痛になる症候群も起きず。んで帰ってから片付け作業を再開、、、で本を広げてしまい、、、、わお、夜?となりまして(笑)そこからまた粛々と作業に勤しんだ訳なのですが。
でもこうやって取捨選択をする作業ってのは、自分を知る事が出来て中々面白いですね。「あ~、こんなの持ってた。」と忘れてるモノもあり、「探してた~!」と見つけるものもあったり。んでやはり今回のテーマは「必要なモノを絞る」こと、シンプルになりたい願望です(笑)


ってな具合に過ごす休日、それはそれで有意義な感じなのかもしれませんが。


んで本日、お店にきたら、、、、、ま~た整理。


と言いますのも、FREDRIK PACKERSの補充分が到着。








DSCN9405_20110421190111.jpg

またまた充実しております。

チョッとね、数えてみたんですよさっき。型・色で1つずつ店頭に出してるのですが、モバイルケースなどの細かい物まで数えると、、、、、、100フェイス近く・・・・・・ん?(笑)

大量ですね、、、昨日のモチベと真逆です(笑)

しかしながら真面目な話、パッカーズディーラーとしては出来る限り多くの中から皆さんにフィットするモノを選んで頂きたい。そもそも当店はセレクトショップですので厳選しなければならない使命を帯びてる訳なのですが、コレは別、、、?、というか、厳選したので現在バッグの取り扱いはほぼパッカーズさんのみ、その中は色んな選択肢を、そういったところでしょうか。

でもホントにパッカーズのパッカーズはシンプル。だから飽きがこないし、色んな型を収集してしまうのかも知れません。


んで当の私も店内にFREDRIK PACKERSが充実すると安心します、、、ボクの個人的な収集みたいですよね(笑)



さあミンナ、どんと来い!!(笑)



今日はReのシャツ。

こんばんは。

昨日・今朝と電車に乗りました。ボクの場合通勤・通学時間とは全く重なりませんし、乗る時間も十数分。基本的には電車って好きじゃないのですが、この季節だとなんか悪く無い。人任せで景色を動かしてもらいながら、ヘッドフォンから聴こえる音楽に身を預けられる。それが4・5曲、前後の徒歩で2・3曲。その量も「もうちょっと聴きたいなあ、、」位で丁度良い。


田舎の鈍行列車乗って、な~んも予定無しで、お弁当持って、、、そんなんしたい。


まあ休みの日に勝手にしろやって話ですがね・・・・(笑)


そんな何の予定もない小旅行が出来る程贅沢な時間を持てるには、、、やっぱ仕事を頑張らなきゃということで、本日も商品のご紹介。


Reです、本日は好青年アイテムです。

だって、





DSCN9398_20110419220958.jpg DSCN9394.jpg

無地のオックスとギンガムオックスですからね。

でもただの王道好青年ではございませんです。スーピマコットンのオックスフォード、スーピマは超長綿と呼ばれる部類に属しますので中々の高級素材。JIGSAWさんの定番もこのスーピマ、両社共にいつも価格設定には頭が下がります。

とにかく上質な爽やか素材です、しかもギンガムチェックは実はブラック。




DSCN9395.jpg DSCN9390_20110419220859.jpg

襟の小さいボタンダウン、イエローステッチが効いた全体像。サイドベントでオーバーシャツデザインで潔しです。結構細身の仕上げなのですが、






DSCN9399.jpg DSCN9392.jpg

脇の下部分にアクションプリーツをあしらってありますので、腕も楽々。








DSCN9388_20110419220859.jpg DSCN9386.jpg

カジュアルに作ってるんですけど素材とベースデザインがしっかりしておりますので、ちゃんと骨のある雰囲気になってます。






DSCN9389_20110419220859.jpg DSCN9387_20110419220900.jpg

こんな感じで、どうでしょうか??コレをそれぞれでスワップしてもイイかと思います。そうなったらボトムはデニムじゃなくって、カーキやオリーブ系のものがイイかもしれません。




ついつい着てしまう・・・・・そんなシャツだと思います。









DSCN9400.jpg

Re made in tokyo japan Yellow St BD Shirt WHITE/BLACK CHECK ¥13,440-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

軽~いシャツ。

こんばんは。





iPhpne2 002

いや、良い夜でした。





iPhpne2 001

ホントに。



ということで昨日は雲が待ってくれたので本日曇り、、、ってか雨空ですが、気分は春の快晴でいきましょ。一昨日申しました通りに本日はシャツ日間の3回目です。


今回はQuesorvelさんのシャツ。





DSCN9382_20110418172448.jpg

チェックのドライワッシャー、シワ感がと大きなガラのマッチングがかなりそそります。2色展開。





DSCN9383_20110418172448.jpg

その2色にそれぞれマッチする釦カラーに、ほんとに細かい気配り。

この柔らかくドレープする素材感を活かし・大柄のチェックを活かすには・・・・






DSCN9380_20110418172448.jpg DSCN9381.jpg

プルオーバーなんですよね。

先日ご紹介しましたRendimentさんのプルオーバーはワークで男っぽさがしっかり表現されたデザインでしたが、コッチは色気と大人っぽさですね。

・タンクトップに7分パンツでヘロって感じでこれを。

・短パンにウインドブレーカー、その中にコレをポイっと。

なんて感じがいっかな・・・・、


コーディネイト画像は・・・・・ちょっとお預けです。マッチするボトムを後日ご紹介しますので、はい。








DSCN9384_20110418172447.jpg

Quesorvel  ビッグチェックプルオーバー  ¥18,900-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。



花。



「自分は欲が深い。」


そう思う時があります。そう気付く時って血の気が引くのが分かるんですよね、両耳の後方斜め上くらいがジワ~ってしびれるんですね。

それを考えた一昨日の様な生ぬるい風の吹く日、そんな事を考えながら自転車に乗ってると、いや~な汗をかきます。

「存在」というものって、永遠と刹那から成ると思うんです。それに介在するものが名であったり思いであったり、勿論物質的な意味合いもあったり・・・・な~んて面倒臭~い言い回しをしてみたりするもの、やはり人間は「意識」を持つからなんですかね。ってなると、、身口意の先に八識がありその先に・・・と、偉そうに仏教学的見地からマワリクドイ事を考えそうになるのですが(笑)

「存在を意識する」

これってものすごくものすごいコトなんじゃないかと。それがなかったらな~んにも、ホント何にも無いんですから。意識しなければスルーしちゃう、、ってなると無くて元々、しかし意識すればそれは存在に変わる。
もう1つのパターン。無意識に感じてる事も有りますよね、、、それが意識下に持ってこられた時、とても大きな存在である事に気付く・・・・。

それが進むと欲に繋がり、結果後頭部がジワ~ってなるわけです(笑)


まあこんな分かったような分からないような事が左脳を占領した時、会いたくなる家族がありまして。

1年以上振り位に電話をポイっと架け、そしたらそんなに久しぶりじゃない感覚でグダグダと喋ってくれる訳です(笑)、みっちゃんのシンプルさにはホント助けられます。その旦那のかっちゃん先生、ボクの心の兄ですね(笑)。んでたっしーとかしーちゃんとか双子とか、、、、写真をメールで送ってもらい、久々に見るミンナの顔が嬉しくて。





iPhpne2_20110417141406.jpg

家族を代表して花男くんを。



その家長である西元和夫氏、ガクシャさんです。





DSCN9375_20110417141406.jpg

こんな作品をお持ちです、ボクも折りに触れ読み返してます。

小窓に「Jポップで哲学する」と書いてありますがその通り、BUNP OF CHICKENのハルジオンを軸に論述を展開してらっしゃいます。このハルジオン、おそらく名曲です。しっかり音を埋め込んだ8ビートに聞こえそうなのですが、要所要所の音の抜き方や展開が素晴らしい。それが、直情的ではあるが内省的でもある詞と素晴らしいマッチングで。ガツンと言葉の刺さる歌です、、、なんです。そして表情を一切変えずに歌う藤原氏の内に秘めたモノが更にそれを引き立たせる。

作中でかっちゃん先生も言ってらっしゃいますが、初めて聴いた時に頭にゾゾゲ立ちました。コレを今かっちゃん先生に告白しておこうと思います(笑)


・・・って、バンプを解説するのではなく、バンプを使って哲学を遊ぶのが本書。

「花はどこに咲いているのか?」をキーワードに「存在」というものを色んな角度から眺めてみようという、自分に対する問いかけで遊べるような内容だと思います。「花(対象若しくは自分)に気付く」、、その価値をかけがえのない物(事)に感じられるかもしれません。

という感じ?でイイのかな??間違ってても怒らないで(笑)

内容を知りたい方は買うか・ボクから借りるかしてください、、、、ん?なんか違うか(笑)



何度も読み返してるのですが、読んでくうちに「あ~、面倒だ、喋ったら済むやんか。」とミンナの顔がちらつくのがいつも(笑)なので今夜は久々に、真面目で適当に読んでみようと思います。




しかし、自分の事は自分が一番知らないのかもしれませんね。

よく聞く言い回しですが、ホントに。




今からお祝いに行ってまいります。

2人はきっと、お互いに花を見出したんでしょうね。

美しい出来事です。



Home > 2011年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。