Home > 2009年09月

2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

nari/furi POCKETABLE JKT

こんにちは。
  
まずは業務連絡。

明日10月1日(木)は、所用の為18時で閉店致します。
申し訳ございませんがご了承くださいませ。


さて。

秋は眠りが深くなってしまい、中々起きられません(笑)
特に今日のようなシトシト雨が降ってる朝。適度な涼しさと湿度、それから雨が雑音を吸収しながら穏やかなリズムで軒先をや地面をやさしく叩くのが、体を起せなくさせます。

なんて思ってると結構な時間、今日はお店に増えすぎた自転車を1台減らすため(笑)、行きは電車・帰りは自転車でと思ってたので、何時もより早めに家を出ないとなりません。

という事で、朝のノンビリもそこそこに駅に向かい電車に乗ります。

傘、嫌いです(笑)

傘、要らないです(笑)

こう言ってますので、もちろんボクは傘をささないのです、傘ってエゴの象徴じゃないの?と思ってしまいます。

自分を濡らさないためだけの場所の確保を自動的に行う道具。フェスの場所取りや夏の砂浜でのマットよりも気遣いが無いような気がします。

さすと場所を取るし・すれ違う時に自分が濡れない様すれ違う相手方向に傘を倒す人も未だ多いし・電車で巻かないままポイって置く人もやはりいるし。

店に着く前に銀行に寄りました。ATMで隣になった若いサラリーマンが、やはり巻かずにチョイっと機械に引っ掛けてボクのブースの1/4位まで濡れた傘を主張させる訳です(笑)。そんな無神経な彼は立ち去る時もボクの大腿部を濡れた傘で撫でて行きます(笑)


傘、嫌いです。


自分が持ったら同じ事を無意識にしてしまいそうで。

結局みんな、傘さしても濡れてるんですけどね(笑)



と、長い前置きでしたが本日のご紹介。







DSCN6376.jpg

nari/furi POCKETABLE JKT

完全な防水!とまでは行きませんが、少々の雨なら十分。って本来雨とくっ付けてご紹介するアイテムではございませんので仕切り直します(笑)

まず、この手のパーカって、、、、ド派手で武骨ですよね。それも大好きではあるのですが、もうちょい気の利いたの無いのかね?ってことでコレ。

カタチはオーソドックスなパーカ。でもそこはやはりナリフリさんですので、





DSCN6374.jpg

指が引っ掛けられたり、






DSCN6381.jpg

背面長めだったりします。

それも自転車離れてからでも不自然の無いようにやり過ぎてません。

そして素材。






DSCN6373.jpg

テラテラ光るオシャレ光沢素材ですので、「そこに山があるから。」なんて言わせない余裕も生み出します。光沢の中にドットという組み合わせも妙味です、大人のシャレです。


それからこいつの真骨頂、







DSCN6375.jpg

ここのジッパーを開いて、グリグリ押し込んで、







DSCN6377.jpg

パッカブル。

ボクの好きなパッカブル。


パッカブル 一度使うと 癖になる


・・・・・という事です。

なんか説明しきってない感が否めないのですが、こういう表情のモノは見たままでご理解いただくのがベストかと思います。






DSCN6378.jpg

3色展開です。






こういうのを、ポイっとバッグに入れとけば、急な雨なら十二分に凌げるんですよね。数百円出してすぐ捨てたくなるような傘を買う必要も無くなる訳です。という事でツジツマ合わせときます(笑)










DSCN6379.jpg

nari/furi POCKETABLE JKT   ¥18,900-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

他生の縁

こんばんは。

「袖振りあうも多生の縁」と一般的に通じておりますが、本来「多生」でなくて「他生」。

他生は今我々の「生」きる世界以外、すなわち前・来世を指すと。ってここからオカルトなお話になるのではなく。

何事も因果があって全てが成立します。「結果論よね。」なんてボクも良く言いますが、結果には必ず原因が存在します。でないと何も起こらない何にも無い状態。という事は、人との出会いもそれに相応する事ですよね。


ボクにとって、今後共かけがえのない存在であろう兄弟がいます。ボクは2人が大好きです。彼等と出会えた事にとても感謝しています。

なんで彼等と出会う事が出来たのか?

それを時系列で逆行すれば、誰かの友達でソイツに紹介されて云々・・・・・。そこも大切なのですが彼等が存在する「因」となったのは勿論ご両親です。


ボクはお父上にたった1度だけお目にかかりました、それが最初で最後。次にお話しできるチャンスはもうありません。


とても感謝してます、ボクにとって大切な2人との関係を与えてくれた存在です。

「因果」の「果」をみちびくのは「因」、その条件が「縁」。

十二縁起というのがあります。人が生まれ・多くの欲望や愛着を身につけ・生まれ・苦しみを得・その苦しみに気付き・解脱を求める。その愛着が縁であると。
それを超える、もしくは捨てるのが「悟り」なんでしょうが、我々そう簡単にはゆきません。家族・友人・恋人を愛し・生を愛し・死を遠ざけます。

しかし、それを共に出来る存在が有るというのはとても幸福な事なんだと思います。

UNITをオープンして1ヵ月が経ちました。ボクがこうやって店を構え・いろんな方と時間を共有し・笑って1日を終える事が出来ているのは、本当に多くの方々のお陰だと、少しづつ分かるようになってきました。そして2ヶ月目を踏み出した今日、その知らせをもらいました。改めてそれを考えさせられました。もうお会い出来ないことを残念と思うより、少しでもお話出来たことに感謝したいです。






だからボクにとって、その1度の出会いは本当に大切なものとなりました。






本当にありがとうございました。








JIGSAW RAGRAN CUT‐OFF SLEEVE PULL‐OVER

こんばんは。

ようやく本格的に秋の気配・・・・・なのか雨のせいなのか、、、、、後者ですね(笑)

とにかく今週のこの天気が終わればしっかり秋なわけです。

この季節にちょうど良い、そんなカットソーをご紹介します。







DSCN6360.jpg

ジグソーのラグラン7分袖スウェット。

細身に仕上げたシルエットなのですが素材の肌触りと柔軟性で着心地も良く仕上げられています。

そしてあくまでもシンプルに。

袖口の処理を切りっぱなしにロックで仕上げてますので、無駄な負荷もかかりません。ちょこっと腕まくりの時にもイイ感じの締め具合。






DSCN6361.jpg

程良い柔らかさを生んでいるのはコットン×ポリの素材のおかげ、また柔らかさの中にコシも備わっております。





DSCN6362.jpg

内側を起毛させて肌触りと適度な保温を確保。





DSCN6364.jpg

カラーは4色展開。秋の色なのですが、重くならないトーンを選択しているあたりはさすがです。

中でも今回ボクのお気に入りはこの





DSCN6365.jpg

KELLY GREEN。本来黄緑色の類は好みでないのですが、これは特別。なんてったってケリーグリーン、理由の分かる方には何かサービスします(笑)

色落ちしたデニムに合わせたいですね。



ココからの季節、何かと重宝しそうなカットソーだと思います。









DSCN6359.jpg

JIGSAW RAGRAN CUT‐OFF SLEEVE PULL‐OVER  ¥7,140‐

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

[RIDING UNIT] 1st

こんばんは。

本日は以前にお知らせしておりました[RIDING UNIT]初開催。







DSCN6339.jpg

フタを開けると平均年齢36才、最も若手で31才というオヤジ集団がフラフラさまよう朝の山。






DSCN6340.jpg

爽やかな笑顔でカメラ目線を投げかける黄色い最年長の軽快な登りに誘われ、体重を活かし踏み切る者・気合のみで乗り切る者・男らしくあきらめ歩く者、それぞれが高みを目指しま・・・・・







DSCN6334.jpg

「・・・・・誰から行くねん?」、だって暑いんだもん(笑)

歳の垣根なく励まし・おちょくり・笑い、そうしている間に






DSCN6352.jpg

ミヤ子と





DSCN6349.jpg

ビワ子姉妹。

和菓子デリバリー担当班から皆に糖分の配給。疲れた体にしみこむ・・・・・ガリ、何かが歯に?






DSCN6356.jpg

これは消化出来なさそうなので、殿軍をお願いしていざハッピーな下りへダイブ。




先頭のボクがあずかり知らないトコロで数名は何度か美しい前転を披露したらしく、彼等の肉体にその文様が刻まれ。しかしそれも







DSCN6335.jpg

とても眩しい出来事な訳です。











DSCN6341.jpg

第1回[RIDING UNIT]、ハッピーライディンでした。



次回も楽しく行きましょ。

お知らせ。

誠に勝手ながら、明日は13時オープンとさせていただきます。
申し訳ございませんがよろしくお願い申し上げます。

15jyugo 6POCKET PANTS

こんばんは。

UNITは、恐らくお客さんに会話を強要する店です(笑)

本日も日々の努力の息抜きに来てくれる法律家のタマゴであるGクンとゴチャゴチャ話してた訳なのですが、自分が考えているモノの発端とその延長線上にあるコト関連性について話し相手に伝えるためには、中々の時間とそれ相応のセンテンスが必要であるなあと思います。Gクンは聡明な方なのでボクのまわりくどい話にもすんなり理解してくれるのですが(笑)

マルをマル、シカクをシカクと十分に伝えるというのもコレマタ難解。見たままのはずですが、その見たままってのが人其々。普遍性なんてものは主観次第でどうにでもなると。

それが四角と丸が合わさったら更に大変、モノの連続性をどこに見出すのかが千差万別。物理的に考えても、それを融合させる事が当たり前である庭園造りなんてのは宇宙規模のパターンが存在しますよね。


・・・・・って、めんどくさい枕になってしまいました本日のご紹介。






0909251

15jyugoの定番カーゴパンツ。

昨日の写真にもちらっと載っけました、スニーカー・スウェット・パンツで3部作完成(笑)。







0909253

引き裂き強度の高いリップストップの生地。カーゴパンツというデザイン上でも理想的な生地であります。おしりの真ん中、ハギをとってありますので立体的に包み込んでくれて動きもラクラク。









09092631

裏には補強のスレーキも。座ったりなんやかんやで負担のかかる場所、ありがたいです。また生地の厚さも増しますので、なんともいえない適度なふんわりした表情も出ます。洋服は平面でカタチを作りながら着ると立体的になるモノ、こういうテクニックは素敵です。


15jyugoはマルにこだわるブランド。バックポケットはマル。ただのマルではなくて






0909255

ちゃんとマチもとってあります。また、マルなのでポケットの角が無くなります。そうすると座った時に角が当たって痛い、なんてことの解消にもつながってます。








09092630

シルエットはスッキリ直線的。脚のラインを美しく見せてくれます。サイドのポケットは四角く正統派。
そのキレイな直線的シルエットが






09092634

裾のベルトによって





0909256

ふんわりしたニュアンスに変化させてくれたりもします。

見事な丸と四角の融合じゃないですか(笑)

また、パンツとしてのクオリティがしっかりしてますので女性がはけばシッカリ女性らしいシルエット。男性ならちゃんと男っぽく。









09092632

15jyugo  6POCKET PANTS   ¥18,900‐

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。


Re Sweat Shawl Collar Cardigan

こんにちは。

デジカメ壊しちゃいました・・・・・、レンズから落下しまして、レンズ部分がアパアパ。
他の用もあったので、出勤前にビックカメラに立ち寄り同系機種を見たのですが・・・・・お値段が、、、、、今はキツイ(笑)。
道具ってのは何でもそうですが、次に使うモノのランクを落とせないですよね。不満に感じちゃう。よく「自転車なんか何でもエエわ~。」なんて言うのですが、何でもイイ訳が無い(笑)。車もパソコンも同じような話を聞きますが、好きなモノでそんな風な人見たことないです。

という事で、機種のランク格下げの決断ができませんので、しばらくはダマシダマシ使います(笑)。

そんな瀕死のニコンで撮った本日のご紹介。








0909241

Reのヘチマ襟のスウェットカーディガン。どうでもよいのですが、カーディガンズのニーナはボクの好みです。

素材は30番の杢のスウェット地ウラ毛。この生地、いつ見ても安心感タップリ。しかし今回はカタチが大人。ショールカラーですのでシャツやタートルが合わせやすい。

と、そこまでは普通。

コレ、襟の深さが程良くなってますのでクルーネックのカットソーとも相性がいいのですね。ウチには無いのですが(笑)、ボートネックのボーダーなんかも良さげです。ポケットのリブも程良いアクセント。

それから





0909243

背面ど真ん中のリブの切り返し。





0909242

これがデザイン的なメリハリと、伸縮性による動きやすさも。





0909245

袖のリブが長め。折り返しても好し、そのままクシャっとさせても好し、たくしあげた時の表情もなお好し。

そして今回のReさんの優しさは





0909244

このテープ。ロックミシンで終わらせるところを綿テープで補強、耐久性向上、デザイン性向上。

そしてボクの普段ならグレーの濃い薄いの2色が並んでたら、迷わず濃いのを選ぶのですが、今回は






0909246

こっちが好みかなと。デザインのクラッシック加減と色の軽さのバランスが素敵です、ボタンのカラーも良い。

このデザインで、どう着るかを考えてみました。シャツとトラウザーとレザーシューズ、、、、、というのもモチロンなのですが、






0909247

細身のカーゴと昨日のスニーカー、落ち着きと軽快さが両立出来ます。




コレ、意外に手放せない1着かも知れません。









0909248

Re made in tokyo japan Sweat Shawl Collar Cardigan   ¥17,640-

お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

喫茶去

こんばんは。

連休も残すところ後1日。個人的にも・お店としてもそんなに左右されておりません。

されてみたいです。

休日に現われたaoちゃんに、僕の代わりに働かせながらモゾモゾと作業とお喋りに勤しむ私。

これぞ良いユニット、良い屋号にしたもんだ(笑)




そんなシルバーウィークも明日で終わり。

何かしましたか?

沢山何かした方はOK。何もしなかったけどそれでオッケーな方もOK。

何かしたかったけど、なんだか終わりそうな方、UNITから1つ候補を挙げてみます。



最終日の明日、さらさ西陣「キッサコLIVE」があるみたいです。

詳しくはこちら↓

さらさ西陣・ライブ
キッサコ


メンバーの薬師寺クンから連絡をもらい、「行けるようにするわ~。」なんてメールしちゃいましたが、どう考えても仕事ですね(笑)。

連休の最終日、キッサコの唄でほっこりした気分に浸って頂ければなあ~、と思います。



そして、それでもまだ連休消化不良の方、次の日曜日がありますよ。

そうそう、ソレ。

[RIDING UNIT]

ですよ。

コレに参加すればおそらく完全に消化できると思います(笑)。

参加人数、もう少し余裕あります。

075-241-2832
unit.kyoto@gmail.com

まで。明後日あたりまでにご連絡頂けるとありがたいです!



それでは。

15jyugo ChambrayShirts

こんばんは。

連休の真ん中、





0909219


ウチの向かいの交番も本日はお休みの様子。いつもボクが座る定位置の真横にありますので、ビシビシ視線を感じ、非常にプレッシャーなのですが、明かりがついてなきゃ結構界隈が暗くてソレはソレで寂しいような。この暗さが眠気を呼び起こします。

それに打ち勝つべく本日のご紹介(笑)

昨日に引き続きシャツでいきます。





0909211


15ジュウゴ シャンブレーシャツ

「シャンブレー、好きですか?」「はい、好きです。」というシャンブレーシャツ。ボクが20代半ばに勤めていたメーカーはこれが得意で、当時4色コンプリートしてた記憶があります。デニムシャツよりも着心地やわらかく、でもワーク。

ここで余計なお節介。

皆さん雰囲気で見分けられてると思いますが、デニムとシャンブレーの違い。

デニムは      経糸=色・緯糸=白 の綾織
シャンブレーは  経糸=色・緯糸=白 の平織

という事になります。

ココに最近聞かなくなったダンガリーを混ぜると、「じゃあデニムの定義は?」「カラーデニムはどうすんの?」「糸の番手がこうなら!」なんてマニアックなお話になって眠くなるので、ここで止めます。

一応同じ糸を使ってるのですが、デニムの場合は綾織で白い緯糸が表に出ないので無骨な印象。シャンブレーは平織でインディゴと白がミックスアップされるので柔らかい印象。


という具合にまとめてもよさそうな気がします。

そこでこのジュウゴさんのシャツ。そのシャンブレー特有の風合いを活かし、なんともいえないユッタリ感を提供してくれております。全体にゆったり目のシルエットですが、まったりしないように配慮してます。

細部の様子はといいますと、





0909212

くるみ釦、友地で統一感。





0909213

袖裏、





0909214

襟裏にスレーキを。襟をバンドカラーにしてますので、息抜き感たっぷり。







0909215

ポケット。下の角を落としていない形状を採用してますが、内側のステッチは角を落として角ばらない優しさ。






0909216

脇の補強も、通常三角の布をあてるのですが、丸にこだわる15jyugo、ここも丸い生地で。







09092111

しかもココにもスレーキ、芸が細かい。


芸が細かいといえば、







0909217

肩部分をバイアスに。デザイン的アクセントと着やすさの両立。

こういった緻密さがのゆったり感だけでなく全体の風味をピリッと〆てます、やはり15jyugoはタダものじゃあございません。









0909218

15jyugo ChambrayShirts  ¥17,850‐


お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

nari/furi 7分袖シャツ

こんばんは。

お天気続きの連休でなにより。皆さんどこか遠出なのでしょうか、今日の二条木屋町は穏やか過ぎる程。雲の無い空と程良い日差し、ブログでも書かないと寝てしまいそうです(笑)

昨日の続き的な本日の商品。

こんないい天気にはちょいとサイクリングだな~、なんて時にコッテリ大きな荷物を持ちたくない。開放感てヤツです。しかし大人は最低限の荷物があるはずなので、そうなると自転車に荷物をひっつけるというのは非常に有効な手段。

でももっと少なくて良かったり、鞄にしまい込むよりスグ出せる方が良いという事でズボンのポケットに結構な量を詰め込んでしまったり。






0909203

0909201

ナリフリはそこで考えます。

自転車だからってユルすぎになりたくない、なのでシャツ。

小ぶりのボタンダウンでスッキリ目のデザインに。7分袖にして動き安さとオシャレ感を両立、ロンTを下に着てもなおよし。





0909205

素材をジャージにする事によって柔軟性もクリア。速乾素材ですが、コシのしっかりした生地ですのでこれからの季節にも安心感が。





0909204

後ろ身を4枚ハギにして体の動きを・・・・・ってそうでなく、





0909207

ポケット。ようやく序盤の話に戻りました。左右両側にポケット付き、なのに目立たない。このあっさり感が大切です。




0909202

着ると至って普通のシャツ。

でも隠れたポテンシャルが不可分無く備わっている。ナリフリが考える洋服らしさが表れていると思います。






0909206

nari/furi 7分袖シャツ    BLACK・GRAY  ¥15,750-


お問い合わせはunit.kyoto@gmail.comまで。

Home > 2009年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。