Home > UNIT

UNIT Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

UNIT+Pt.Alfredの定番チノが届いてます。

  • 2015-07-13 (Mon)
  • UNIT
こんばんは。

UNITの「お店に常にある男の道具的洋服」、オリジナルシリーズの第2段が完成、ボクとしましては待望の1本。

そう、1本ということはパンツです。年中普通にはけるパンツと言えば、、チノパン。

チノパンって本当に優秀ですよね、JKT+ネクタイである程度かしこまった時〜Tシャツ+スニーカーまで日常生活のほとんどをカバーしてくれます。持ってない人って・・ほぼいないんじゃないでしょうかね。

そんな男の必須アイテム=UNIT常駐定番商品、ってなると・・どこでお願いしましょうかねえ。。。ってそりゃもちろん、




DSC_0008_2015071317202263a.jpg

Pt.Alfredですよね。

ボクがいつもお師匠なんていってるコチラ、業界では「チノパンと言えば、、」で通じちゃうほどのチノパン師匠。UNITでも定番で5色展開のドレスチノはもうお見知り置きかと。その他太めのタイプやカーゴパンツなど、UNITの下半身の軸となってるPt.Alfredのパンツ。その中でまだお目見えしてない型がありまして、、その型というのが本当にマスターピースな1型。それをベースにUNITの名前を乗せる定番チノをと以前よりかんがえておりました、満を持してのリリースなのです。

ということで、





DSC_0014_20150713172048a01.jpg

これです。




DSC_0012_201507131720206f8.jpg

コシのしっかりした粘りのあるチノ、コレをはいて「え、ストレッチ入ってます??」ってお尋ねの方がちらほらいらっしゃるくらい粘りのある素材。あ、、こう言うと伸び伸びで柔らかいって思われるかもですが、本来しっかりめのチノです。糸自体に粘りがあるので綾織りと相まってシナリを感じるということです。

はき心地がホントにイイのです。





DSC_0016_20150713172048e12.jpg DSC_0017_20150713172047223.jpg

飽きのこないレギュラーストレート。





DSC_0009_201507131720211cd.jpg

DSC_0010.jpg

ディティールも過不足の無いアーミーパンツをベースにしたデザイン。





DSC_0005_20150713172023959.jpg

こんな感じです、安心感バッチリでしょ?





DSC_0002.jpg

個人的には以前からベースのモデルをはいてまして。こうやってロールアップで履いてることが多いので、この写真で「あ、コレか。。」とお気づきの方もいらっしゃるかと。



またまた自信のラインナップが出来ました。

どこに出しても恥ずかしく無い「普通のパンツ」です、安心の1本をどうぞ。





DSC_0024_20150713172046fad.jpg

UNIT+Pt.Alfred Army Chinos ¥13,800+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

7月のお休み
毎週水曜日、18日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。 
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

UNIT+SCHIATTI OXFORD B.D SHIRT

  • 2015-02-27 (Fri)
  • UNIT
こんばんは。

UNITが常々エラそうに言っております「男が普通に道具として着る服」、当ブログにお越しの方は良くご承知だと思います。

それを別の言い方に置き換えると「常に軸になる服」なのかなあと思います。ってことは・・・それが「常に店頭にある服」という状態だったら皆さんにもご安心頂けるハズだと思いまして。ということでUNITが「ここで作ったら常に間違いがない服」が出来上がると考えるブランドさんや工場さんにお願いしたモノを、少しずつ増やしていゆこうと考えております。

その大切な第1弾は、表題通りOXのB.Dシャツ。これもみなさん予想が付くと思われますが・・・UNITはコレが大好き、





DSC_1981_201502271655253d3.jpg DSC_1982.jpg

やはりコレ、逆にコレでなくてはならない存在。

そのOX B.Dをどのシャツ屋さんに依頼すべきかと言えば・・・





DSC_1994_20150227165642b5e.jpg

やはりココです、日本の誇るシャツブランド「スキャッティ・オーク」さん。日本の男服の礎を築いたブランドですから、もう安心以外のナニモノでもないのです。




DSC_1987_201502271655236df.jpg

B.Dの顔である襟元、綺麗なS字です。






DSC_1988_20150227165523e92.jpg

DSC_1989_20150227165522e5c.jpg

その他細部もモチロン言うまでもございません。





DSC_1991.jpg DSC_1990.jpg

スプリットヨーク・馴染みの良いリムの高瀬貝ボタン、抜かり無くです。





DSC_1971_20150227165450173.jpg

「うん。」、それ以上言うことなし。




DSC_1997.jpg DSC_1976_20150227165450d17.jpg

DSC_1978_20150227165449c0a.jpg DSC_1980.jpg

言われなくてもお分かりだと思うのですが・・な、JKT・スウェット・タイドアップ・ステンカラーをとりあえず。

そして生地、




DSC_1955_20150227170741b8d.jpg

程良くカジュアルな生地をチョイス。

と言いますのも・・「常に着る」を考えますと「ちょっと大事な時〜カジュアル」というのが守備範囲。となると・・例えば「襟パキッ、タイ締めてスーツにドカンッ!」みたいな印象の出過ぎる豪奢な生地を選ぶと、ローゲージのカーディガンやマウンテンパーカ・スウェットパンツやショートパンツなんてモノと合わせるのには・・ちょっとなんだかなあって。

なので程良くシッカリで程良くカジュアルなOXを選びました、ですので予定よりも抑えたコストでご提供できます。


「日常の上質」と「男はシャツ」、それを実践できる本日のひと品。

基本は先ずここから、常にご用意出来るように努めます。






DSC_1986.jpg

UNIT+SCHIATTI OXFORD B.D SHIRT  ¥12,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

3月のお休み
毎週水曜日、19日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > UNIT

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。