Home > インポート

インポート Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

巻きモノ、3パターン。

こんばんは。

本日はストールを。

朝晩と日中の寒暖の差が大きいこの時期、首を温めることで洋服1枚分くらいの価値がありますよね。

個人的にもストールは比較的年中手放せないモノ、本日のストールは質感・柄・プライス、トーラルバランスがいいので全部欲しくなります。

今回のブランドは初お目見え、P.cornillon(日本語発音でPコルニヨン、でいいのでしょうかね。)です、創業50年ほどのフランスのブランド、丁寧にな仕事に定評ありです。今からご紹介するストールはアクリル85%・ウール15%の織りなのですが、フランスのアクリルは日本のものより質が良いので高級感があります。そしてコストパフォーマンスも高い。

それでは3タイプ。





DSC_0579_20151031192624bf0.jpg

マルチボーダー ¥6,000+tax




DSC_0580_20151031192623844.jpg

ヘリンボーン ¥5,500+tax





DSC_0581_201510311926237c4.jpg

キリム ¥7,000+tax







DSC_0570_201510311926257fd.jpg DSC_0578_2015103119262506b.jpg

そつなく使えるマフラー、男性的に程よい彩り。

そして、




DSC_0585_201510311926468b7.jpg

広げるとこのサイズ、ショールになります。なのでもちろん女性にも・・ってか、むしろ本来は女性向けだったり(笑)


ユニセックスな商品ですので、ぜひ奥様や彼女さんと共有してください。





DSC_0584_20151031192622015.jpg

P.cornillon

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日・木曜日

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イタリア産の上質ショートパンツ。

こんばんは。

本日はショートパンツを2型、それぞれ3色と2色でご紹介。




DSC_2668_20150615164159c9b.jpg

イタリアのペルフェクションというブランドです。30年ほど前に創業のファクトリーで10年ほど前から自社ブランドを展開、自社ブランドですのでコストパフォーマンスも非常に高く、クオリティも安心。

職人気質なブランドなのでしょうね、イタリア的な色気もあるのですがムンムンではない、丁度良い塩梅。

それでは商品いきます。






DSC_2588.jpg

DSC_2586.jpg DSC_2590.jpg

まずはシンプルなトラウザータイプを。





DSC_2621.jpg

DSC_2622.jpg

素材はオックスフォードと、




DSC_2618.jpg

シアサッカー、どちらもさわやかですね。





DSC_2623.jpg

1タックで適度なボリューム感を、スッキリさせつつ腰回りのニュアンスを作りやすい。




DSC_2627.jpg

バックポケットは両玉縁、上品な仕上がり。





DSC_2626.jpg

裾はダブル、ラフにはいてもしっかり見せてくれる砦です。UNITはこの法則のショートパンツが好きです。





DSC_2635.jpg

スッキリでキッチリ、でしょ?



次は、





DSC_2591.jpg DSC_2592.jpg

カーゴショーツ。




DSC_2631.jpg

ミリタリーデザインとバックサテンの相性は言わずもがなですね。





DSC_2628.jpg DSC_2629.jpg

デザインもど真ん中、染めはピグメントですのでアタリの濃淡が軍パンのギミック感とベストマッチです。




DSC_2665_20150615164200519.jpg

もちろんのコノ感じ、下手にスッキリさせず・でも必要以上のことは何もしてませんので軽やか。




どちらもそれぞれのベクトルで万能選手です。

あまりこういうこと言いたくないのですが、、、この2本でショーツはなんとかなるかも知れませんね(笑)

飽きのこないショートパンツをお探しの皆さん、是非是非お早めに。





DSC_2666.jpg

DSC_2671.jpg

perfection ショートパンツ全て ¥15,800+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

6月のお休み
毎週水曜日、18日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

OUVERTのセットアップ。

こんばんは。

本日は新顔です、




DSC_2162.jpg

OUVERT(オベール)、フランスのブランドです。

フランスにて自社工場で生産を手がけるオベール。主にワークウェアを得意とし、ハイブランドから国内外のユニフォームまでと様々な注文に対応。その技術と経験を生かし、ベーシックでありながらも現代的かつ機能的なディティールの落とし込みも特徴的なブランド。

ということです。


そのオベールのセットアップとしても・もちろん単独でも、というカバーオールとパンツをご紹介。






DSC_2147.jpg DSC_2146.jpg

VESTE




DSC_2163.jpg

ラウンドカラーにフラップポケット、襟とフラップの統一感が良いですね。





DSC_2166.jpg

サイドベンツです、ベントの処理がちょっとヒネリがあってイイ。誰も気付きそうに無いのが良い(笑)






DSC_2150.jpg DSC_2149.jpg

PANTALONS




DSC_2151.jpg

パッチポケットに、




DSC_2152.jpg

片側フラップ、ウエストはエラが入って伸び縮みで楽々、さすがワークウェアです。





DSC_2158.jpg

ホックもワークウェアらしい雰囲気。



因みに、




DSC_2186.jpg

ホワイトは平織り・ネイビーは綾織りで風合いが違います、それぞれ相性の良い組合わせ。




DSC_2175.jpg

エスプリの効いた空気感なセットアップ。




DSC_2176.jpg

白のボトムもワークスタイルなら気楽にはけますね、汚れても気にせずはきましょう。


上下ともに飽きのこない存在です。色目としてはポップなのですが、ベーシックなワークウェアのデザインで扱いやすいと思います。ぜひワードローブに加えてくださいませ。





DSC_2185.jpg

OUVERT VESTE ¥18,000+TAX





DSC_2183.jpg

PANTALONS ¥9,800+TAX


商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

3月のお休み
毎週水曜日

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

本日のS.N.Sは。

こんばんは。

昨日に引き続きS.N.Sのニット。

いいですよ〜今日も、UNITの皆さんは絶対に好き。





DSC_1875.jpg

ジップカーディガンです。




DSC_1901_20141206182857816.jpg

素材は細めのミドルゲージ、杢調のネイビーです。お肌と同じで寄りで撮っても美しいのは素材の良い証拠(笑)





DSC_1879.jpg

ジッパーはriri社製。リブ遣いは贅沢に襟のみで、






DSC_1896_20141206182840410.jpg

袖と裾は共地と編み変え、贅沢仕様です。





DSC_1887_2014120618284049f.jpg

すっきりとハンドウォーマーがあしらわれてます、気付かなさそうで気配のするギミックは結構大切。





DSC_1863_20141206182842f4a.jpg

こんな感じです、昨今必須なダブルジッパーではないのですが、程良い締まり具合の裾ですのでシングルのジッパーのほうが美しい。


いや〜、これも連れてって欲しくないも存在です、、これ大好き。

大人スポーティ、スニーカーで合わせても緩くなりすぎない感じです。



シンプルに着てください、それだけでカッコイイので。






DSC_1877.jpg

S.N.S HERNING CREW NWCK ZIP CARDIGAN ¥39,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

12月のお休み
毎週水曜日、30日(火)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

S.N.S HERNINGは、やはりイイ。

こんばんは。

ググ〜っと冷えてきました、本気の冬が来ると・・もう一回自分のタンスにどんな温かいのがあるのか再確認したりってことはないですか??

そういうもう一度冬を見直す時期ですのでね、12月のUNITブログも改めてウールニット類を再確認しようと思います。

ということで、ボク自身も冬の着まわしの軸になってる




DSC_1927.jpg

これ、S.N.S NERNINGを。

極寒の海で働くデンマークの漁師に育てられたニット、品質は折り紙付き。





DSC_1854_201412051747525ae.jpg

こういう極シンプルなニットって、なんとも言えない匂い立つものがあります。





DSC_1849_201412051747526f5.jpg

きっちり基本のクルーネック、




DSC_1922.jpg

背面と上腕部の切り返しが動きとデザイン性をアップ。

去年はネイビーとボルドーの2色でしたが、




DSC_1838_2014120517464057f.jpg

今年はネイビーとグレーを。




DSC_1841_2014120517464045c.jpg

霜降りのグレーがそそります。





DSC_1836_20141205174641f5b.jpg

こんな感じ、タイトでシンプル・シックだけど若々しくもあり。





DSC_1833_2014120517464123b.jpg

この上にベストを着て程よく保温、





DSC_1843_20141205174639d27.jpg

その上に防風性の高いコートを合わせると真冬も楽々。

もちろん、




DSC_1858_20141205174751860.jpg

こんな具合にJKTの中にも。


そして何よりも、良いニットは着心地と満足感がやはり違う。

売りたくないくらいイイです(笑)






DSC_1844_201412051746396c6.jpg

S.N.S HERNING CREW NECK KNIT ¥32,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

12月のお休み
毎週水曜日、30日(火)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ORの真面目な2つ。

こんばんは。

朝晩は冬になってきましたが日中はポカポカ、なんだか油断してしまいますが風邪などお召しにならないようにです。

そうなんですよね、、毎年これくらいで一回思うんです、「冬ってこんなもんやったっけ。」って。それで年が開けるとまあ、、嫌になる寒さ(笑)
ということで、、、温かいのと強いのをOUTDOOR RESEARCHからご紹介。

まずは温かいのは、、




DSC_1833_20141122192731660.jpg DSC_1834.jpg

インナーダウンっていう立場のコレ、TRANSCENDENT SWEATERです。

トレッキング的な真面目な話をすると・・気温に応じて行動着にも使えるインナーダウン。

僕自身もこのシリーズは長年使ってまして、大のお気に入り。全体のイメージは正直地味(笑)、ですが嫌な地味さでは無く落ち着いたイメージ。なのでアウトドアっぽいルックスのコーディネイトじゃなくても合わせやすい。
それと表地の安心感が数あるブランドの中でも秀逸。

寒がりさんは結構役に立つ瞬間があると思いますし、暑がりさんはコレでかなりこなせるかと。


細部いきます。



DSC_1836.jpg

襟まわりは肌触りの良いポリエステルのマイクロフリース、



DSC_1837_2014112219273046a.jpg

胸ポケットはモバイル入れたりするのに良い具合、




DSC_1838_20141122192729f2c.jpg

フロントポケットのジッパーはダプルタブですので、、




DSC_1858_2014112219293731a.jpg

モチロンこうなるわけですね。





DSC_1839.jpg

ダウンの等級は650フィルパワー、十分で丁度良い性能。


そしてもう1つ、強い方がコレ↓






DSC_1832.jpg

FORAY JACKETです。

これはORの代表作と言っても良いJKTですね、いわゆるゴアテックスのシェルパーカの王道です。普遍的なデザインで色んなカジュアルスタイルに合わせられます。真面目な方面の話だと、オールシーズン出番のあるシェルですね、軽い使用感とシンプルなデザインで色んなレイヤリングが可能。道具として年中使えます。





DSC_1846_20141122192823bdc.jpg

長時間の雨風に耐えるゴアテックス、





DSC_1840_2014112219282523e.jpg

万全なシーリング、




DSC_1842_20141122192825928.jpg

もちろんの止水ジッパー、




DSC_1843_201411221928245ec.jpg

ベンチレーションポケット、




DSC_1844_20141122192824eed.jpg

そしてORらしさがコレ、脇がバーンと開くポンチョスタイルになるベンチレーター。こっちは撥水ジッパーで軽い開閉をキープしつつ雨を真正面から受けないのでこれで十分、理屈通りです。



どちらも質実剛健、そして長く作り続けられてるモデルですので信頼性抜群。

飽きないし変わらないし。






DSC_1852_2014112219293958a.jpg

このくらいのフィット感、




DSC_1853.jpg

そのまま上に着ました。


何と言いますか、、ORがよく表現されるのが「通好み」という言葉によってです。そのみちを知る人が好むモノですから、トータルバランスに優れているということだと思います。





DSC_1899_20141122192937e53.jpg

OUTDOOR RESEARCH、その名の通りリアルなウェア・・いや、道具です。






DSC_1856_20141122192938570.jpg

OUTDOOR RESEARCH TRANSCENDENT SWEATER  ¥18,000+TAX





DSC_1854_2014112219293959d.jpg

OUTDOOR RESEARCH FORY JACKET  ¥29,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日、20日(木)、29(土)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

本日も英国から。

こんばんは。

本日も昨日に引き続きイングランドから



DSC_2099.jpg

BEAVER OF BOLTONのアイテムをご紹介。

安定のもの作りと安定価格なビーバー、去年も人気だったのがベスト。UNITとしましてもベストは秋冬の必須アイテム。インナーの最後の砦的な意味合いと室内の保温着的な使い道の両方を補完してくれる、なんとも有り難い存在。本日はそんなビーバーのベストを2型紹介です。

先ずとても汎用性の高いコレ、




DSC_2086.jpg

RIB COLLAR SHOOT VEST

ハンティングベスト的デザインですね、ナイロンのダイヤ柄キルトは程よくボリューム感があって何にでも会わせやすい。





DSC_2088.jpg

リブ襟で下に着るものを選ばない、クルーネック・シャツ・パーカ、、なんでもこいな感じです。




DSC_2089.jpg

ポケットのディティールもウルサすぎず大人しすぎず、インナーにしても邪魔にならない。

全体にスリムな中綿ベストでオールラウンダーをご希望であればコレかなあと。




2つめはコレ、




DSC_2084.jpg DSC_2085.jpg

REVERSIBLE VEST



DSC_2090.jpg

特徴はもちろんこのボア、ヌクヌクっぽいでしょ?




DSC_2094.jpg

低めのスタンドカラーで少しゆとりを持たせてます、ボアとの相性でしょうね。




DSC_2091.jpg

ポケットもアッサリ、全体のバランス好しです。

リバーシブルで着られるのですが、、ボクとしましてはナイロン側が表で良いのではと思います。そっちのほうがカッコイイ、なので裏面の写真は上の1枚のみ(笑)




DSC_2095.jpg

こんな感じと、



DSC_2096.jpg

こんな感じ。

やっぱりベストって洒落感が良い具合、体幹の保温って動きやすいですし機能的にも良い。




ベスト、人気商品ですのでお早めに。

サラッと言ってますがこれホントに(笑)





DSC_2101_20141114173354611.jpg

BEAVER OF BOLTON RIB COLLAR SHOOT VEST ¥16,000+TAX
REVERSIBLE VEST ¥23,800+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日、20日(木)、29(土)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

とても英国王室御用達のアレ。

こんばんは。

今朝ふと思い出した事がありまして。

去年にSNSに挙がってくる諸先輩の写真を見てて「あ、ベージュだ。」と思ったのです、ベージュは米寿(88歳)ではなく無論ベージュ色のこと。諸先輩方、、そこまでじいさん扱いしてしまうとホントに怒られる(笑)

ベージュのニットに白いシャツを当たり前に似合うのって、大人だよな〜って。

なので40歳の冬はそういうのをジワジワ実践していこうと、、30代最後のボクが1年前に思ったことを今朝思い出しました(笑)



ということで、




DSC_2059.jpg

今日はこの状態で出勤しました、白いシャツは去年まで定番でやってたB.Dシャツ。これはもっとシンプルになってそのうち復活。ニットは前職からのJamieson'sのカーディガン、今年のJamieson'sはチャコールのスタンドネック(残り限られてきました)をチョイスしてます。コレももちろん今後とも展開予定なのですが、、プレーンのカーディガンやクルーネックなんかも来年はご紹介したいものです。

そんなベージュのカーディガンなんですが久々に着ました、新鮮。

全体に英国由来がベースな日なので、、そういう気分に良さそうなアウターはUNITにないのかね?と思って見回したら、、、、大体英国由来が(笑)、その中でもバリバリの英国気質なのは?って探すと・・・・ありましたありました、




DSC_2075.jpg

バブアーです。

既にお持ちの方も多くいらっしゃると思いますが、、意外に気にしてないこのネーム刺繍の上段。これロイヤルワラントが3つ並んでるのです、エジンバラ公・エリザベス女王・ウェールズ公(チャールズ皇太子)という・・3つ保有してるのは稀だそうですよ。

ね?筋金入りの英国ブランドです、もうボクが言うまでもなく誰もが知るオイルドコットンの伝統的アウトドアウェア。詳細はバブアーさんのHPでドウゾ、改めてエラそうにご説明するのは少しコッパズカシイので(笑)

店頭で「あれ?バブアー??意外〜。」なんて言う方も多いのですが、、確かにそうかも知れませんね、、ですが実は結構付き合い長くって、10数年前から取り扱ってた経験もあって。以前に勤務してた製造メーカーでオイルを抜きたくて工場で洗ったら、機械1つ壊れた・・なんて思い出もあったり(笑)。




DSC_2077.jpg

お陰でこの生地がそれくらいシッカリしたオイルドコットンなんだというコトも知りました。

そんなバブアーですが、改めてUNITに連れてきた理由はと言いますと、、、やはり大定番だということ。

今回入荷したモデル乗馬用JKTとして作られたのが始まりのBEDALEシリーズ、



DSC_2068.jpg DSC_2070.jpg

DSC_2072.jpg DSC_2079.jpg

DSC_2076.jpg DSC_2080.jpg

長年作られてきた中で必要・不必要を見極められたディティールは秀逸、自ずと全体のバランスも美しくし上がるワケです。

そして最大の理由が、、、、




DSC_2067.jpg DSC_2063.jpg

BEDALE SL

だというコトです。って、、さっきも言ってたやんってお思いかも知れませんが、言ってないんです「SL」って。

コレはビデイルのディティールをそのままに、現代風のスリムフィットにパターンを見直した品番なのです。身幅・アームを細くした、ザックリ言えばそんな感じ。もちろんオリジナルも良いのですがUNITとしましてはシャープになったモデルにチョイスです、そういうバブアーの頑にならない姿勢に乾杯な気分(笑)

まあ、、ウンチク色々言えばきりがないのでしょうか、、日本人の体格ならコッチかと。スリムフィットというよりもアジアフィットという感じです。

ということで、、




DSC_2062.jpg

英国気質カジュアルです、今日の気分完成(笑)

こうやって見渡すと、、インポートがホントに殆ど英国由来なんですよね、自然と。

島国万歳(笑)



まあ、、ふざけて言ってばっかですが、、バブアーのクオリティはこんな程度じゃ揺らぎません。

「バブアー、気になってけど見送ってたな〜。」なんて方、一度ご試着においでくださいませ、悪く無いと思いますよ。






DSC_2083.jpg

Barbour BEDALE SL  ¥47,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日、20日(木)、29(土)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

SEGARRA Trekking Serraje

こんばんは。

本日はブーツを、靴のご紹介は久しぶりですね。

しかも初登場、




DSC_2049.jpg

SEGARRA です。

スペインのメーカーで1882年創業、と箱には書いてますね。質実剛健なもの作りに定評のあるブランド、、そんな表現がマッチするかと思います。

そういえばスペインのクライマーでアラセリ・セガーラって女性がいますね、そっちのジャンルではスゴいビッグネーム。セガーラって聞くとそれを思い出すのですが、、、多分関係無いと思います。って言いながら今「セガーラ」で検索してみたら最初に彼女が出てきました、へ〜ってなるかも(笑)


脱線しました。

ということでセガーラの中でも優秀なモデルを、





DSC_2036.jpg

この2型です。

先ずは




DSC_2025.jpg

4200品番。



DSC_2028.jpg

王道のトレッキングスタイルのブーツです。




DSC_2029.jpg

DSC_2030.jpg

DSC_2031.jpg

スエードのアッパーにパーツは最低限の縫製で水の浸入を防ぎ、程良いパッドで足首をフィット。




DSC_2032.jpg

ソールパターンもオーソドックス、製法はヴァルカナイズドです。

オールマイティなトレッキングブーツを地で行く感じ、40Lくらいのパッキングまで対応しそうな感じです。

そしてもう1型、




DSC_2016.jpg

3011品番。



DSC_2017.jpg

こちらは全体にもうちょっとカジュアルなルックス。





DSC_2019.jpg

DSC_2018.jpg

DSC_2023.jpg

スエードとナイロンOXで軽快に、上のモデルよりもパッドは柔らかなので厚めに。




DSC_2024.jpg

ソールも細かいパターンを採用、岩に食いつくよりも軽快に歩けることを優先、といったところでしょうか。

こちらは30L以下の半日遊びくらいのイメージでしょうかね。


ってここまできて気付いたのですが、、説明がオシャレ方向でなかったですね、すみません(笑)

とりあえずはいてみました。




DSC_2045.jpg

単体で見るよりもはくと軽快な感じでしょ?「おれ、トレッキングブーツ、どう??」みたいな主張をほぼしてないアッサリさんですので、街で履くのにも全く違和感がないかと。街履き優先でちょっと低山にも登ってみようかなあ〜という感じで使えそうです。雨の日にも良さそう。




DSC_2042.jpg

こちらはスニーカー寄りですね、ブーツなルックスが良い場合は上・ゴツめスニーカーが良いならばコッチ、、そんな感じでしょうかね。

オリーブにオリーブの同色っていい感じ、細いパンツロールアップで靴下みせて・・なんてパターンもオススメです。


街履きしてもコスプレ感の出ないアウトドアシューズです、良い塩梅。

価格も良い塩梅ですのでゼヒ是非のオススメでございます。






DSC_2047.jpg

SEGARRA #4200 #3011 共に¥17,000+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日、8日(土)、20日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

OR SOLEIL JKT

11月8日(土)はお慶い事の為お休み頂きます、予めご了承願います。

こんばんは。

本日はOR、アウトドアリサーチです。

コレは使っちゃいますよ、、、そう、「着る」というよりも「使う」というニュアンスじゃないかと思います。

という道具なミッドレイヤーです、




DSC_1929_201411041726598e7.jpg DSC_1928_20141104172700663.jpg

SOLEIL JKT。

自然に身体に添うように裁断されたシンプルなフリースJKT、タンクトップとロンT・半袖TとロンTなんて感じを中に着る余裕アリです。




DSC_1931_20141104172659412.jpg

かる〜い素材感のフリース、速乾性能も高そうですので洗濯し易いです。




DSC_1935.jpg

肌当たりの良いナイロンジッパーと引きやすいプルタブ、




DSC_1950_2014110417280481b.jpg

胸ポケットと、




DSC_1953_20141104172803ec4.jpg

ハンドウォーマーの前ポケット。

基本的にはインナーとして・若しくはリラックスウェアとしての用途ですのでベンチレーションや袖のフィンガーホールというような過度の装備は排除してます、割り切ってるので逆に軽快。

ね?使い勝手が良いという表現になるんです。





DSC_1926_20141104172701e24.jpg

シンプル・オーソドックス・リラックス。

ど〜でもイイのですが、




DSC_1937_20141104172658755.jpg

翻訳機能そのままなのが好感もてます(笑)

ORって玄人好みというか何と言うか・・シンプルにギアとしてアウトドアウェアを作ってるブランド、こういう感じのミンナに振り向いてもらう為の色気が出てないフリースJKTを見ると、ブランドのその姿勢を信用してしまいます。

真面目な一品です、よろしくお願いします。




DSC_1948.jpg

OUTDOOR RESEARCH SOLEIL JKT   ¥7,800+TAX

商品についてのお問い合わせはこちらまで。
E-mail : unit.kyoto@gmail.com
TEL & FAX : 075-241-2832(12:00~20:00)

UNIT
京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1ヨシムラビル1F
最寄り駅/京阪本線「三条駅」徒歩8分・京都市営地下鉄東西線「市役所前駅」徒歩5分

11月のお休み
毎週水曜日、8日(土)、20日(木)

ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしております。

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > インポート

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。